citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

カプ厨大感激のきららコミック 中山幸「ブレンド・S」感想。キャラがとってもかわいい喫茶店ドタバタコメディ。アニメも今後を期待したい。

んー個人的に1話はビビっとこなかったです。
アニメ。
blend-s.jp

何処の方向に向かった作品なのかも不明だったのがその原因。
キャラとのやり取りメインでもなければ、ボケとツッコミのテンポも食い違った感があって。

で、そういえば電子書籍買ってから積んでたなー、と思って漫画の方読みました。
(なんで新刊の4巻は読んでない状態です)

ブレンド・S 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ブレンド・S 1巻 (まんがタイムKRコミックス)


なるほど。理解した。
これは、オタ系の変人キャラクターが織りなす「恋する女の子男の子」と「じれったい関係性」に萌え狂うべきストーリーなわけですな。と
恋愛ラボやワーキングみたいな。


なんで、アニメもそうですけどノマカプ厨さんたちに向けたラブコメである。
納得したので、アニメも楽しめそう。
感想

注:この記事は「ブレンド・S」の全く致命的ではない軽いネタバレを含みます




あらすじ

外国に狂う憧れて、留学資金のためのバイト先を探す少女:桜ノ宮苺香。
でも彼女は絶望的に目つきが悪かった。
そんな彼女に一目惚れした、喫茶店スティーレの店長ディーノは、自分のところで働かないか持ちかける。
二言返事で了承した苺香だったが、スティーレは「店員ひとりひとりにキャラクターを設定し、それに基づいて接客してもらう」という、どこかおかしなオタク系喫茶店だったのだ!

オタ喫茶を舞台に繰り広げられるスラップスティックコメディ。
オタクで変人でキャラが濃くて、でもみんな優しい仲間に囲まれて。
スティーレは今日も営業中。


苺香ちゃん、ドSってのはいいけど目つきが悪いというのは・・・かわいいだけじゃん!!って疑問視されるだろうね。
まぁ、漫画的表現ということで。
かわいい。
とってもかわいい。
アニメ化してます。OPしゅき。
きらら系列ってOPほんっっっっっっとかわいいよね!

アニメのPV=>
www.youtube.com



アニメで気になったテンポの悪さも、コミックだと問題なかったです。
まぁ、後述するけどこの作品はキャラが出揃ってからが勝負だから、アニメも下手に切らずに長い目で見よう。
とりあえず神崎ひでりが登場するまでは、評価しきれない作品。

じれったい関係、恋人になる前のワクワク感

っていうのが主題な気がする。
ドSちゃんは店長と、ゲーマーはキッチン担当百合豚と完全なるカップルを形成し、同人乙女は幸子風味島風くんとよくいちゃつきます。
おねショタいいぞぉ!!!
それらの関係性の中で、じれったいような、ウキウキするような、ちょっといらつくような、甘酸っぱいストーリーを展開します。
で、その舞台がスティーレ。
ちなみに余った合法ロリこと麻冬ちゃんは、ある日告白してきたお兄さんと付き合うことに。
麻冬のキャラ性から考えても悪くない持って生き方ですね。
男らしいこの娘が恋愛に右往左往する場面が思いつかない。

まぁ、百合系きらら期待な人は漏れなく発狂するだろけど、コレはコレでいいと思います。
恋する女の子はかわいい!!!
ついでに、恋する男の子もかわいい。
多様性を容認し、全てに萌え狂うのがたしなみなので。


あ゛ぁ゛ぁ゛いいですねー。
なんか店長-ドSちゃんのカップルは正統派過ぎて若干胃もたれになる場面が出てくるので、ツンデレカップルの癒やしとか、おねショタのマイルド感で喉を潤せる感じ。
なにいってんだこいつ
楽しいバイト仲間と、ちょっと気になるあいつと、的なアトモスフィアが全体に漂って、大変結構なお手前かと思われます。


キャラが立ってて可愛い仕立て

キャラがなんかかわいいね!
だけでは伝わらないオールドタイプな地球人の悲しさ。
何ていうか、キャラ作りは結構頑張って創られているような気がします。
一捻り入れてきていると言ってもいい。

逆を言えば、ちょっと難点も合って。
全体的にキャラの個性と、恋愛未満の初々しさでストーリーをぶん回す都合上、キャラが出揃ってない1巻の出来が、その後のエピソードに比べてパワー落ち
ちょっと残念な点かね。
つうか、「キャラに振り回されていた用に感じた1巻から、3巻を経て作者が書き慣れてきて面白くなってきた」と表現するほうが正しい気もする。
キャラがねー。結構ひねってて扱いにくい奴らばっかだから、そこら辺は作者さんの頑張りに期待したい。


で、みんなかわいいんだけど。
まぁ、citrussin的には断然麻冬ちゃんですかね。
しっかりもののジト目で、でも根底は仲間思いの合法ロリ。
いや、バインバインも好きだし、っていうか一番イケると思ってるのは美雨てんてーなんだけど。
キャラ性能的には、この普通時は冷めてて一歩引いてるけど、やるときは全力で妹キャラに扮するというのがよろしくたまらんです。
たまにジト目も魅せてくれので、それはとっても嬉しいなって。

あと、幸子っぽい島風くんいますね。女装男子にして中身は農家の跡取り。
3巻でこの子が本格参入して、ようやくストーリーのかき回しもフル回転してきます。
SNSで容姿を褒められるのが嬉しくなって、調子乗っちゃう系男の娘。
にんにこと猫口がとってもキュート。やはりCuの血筋。(見た目的にはポジパのボンバー担当ですが)
その精神性も含めて、お気に入りのキャラですね。
こいつが含まれてようやく男衆の魅力が女性陣に迫ってきた感じがします。
やっぱり、店長と紅葉さんだけの二人では圧倒的に存在感が弱かった


でもなぁ男の娘なぁ・・・。
市民権得ましたよねー。
おとボクを買うために真冬の早朝ソフマップに走ったのが昨日のように思い返されます。
瑞穂お姉さまも準にゃんも。ようやく時代が追いついたといったところか。
るい智のときにはすでにある程度受け入れされてたように思いますしね。
さりとて、大空ひばりとか兵藤まこととか、遠く見やれば昔からいたわけだし。
男と女にしたって、色は色々ありますからね。
女装男子のからかいを含んだ目が、行けない扉をこじ開けようとしちゃいますね!



総括

最初に比較に出したけど、WORKING!よりキャラ付けが正統派で、こっちのほうがとっつきやすい萌豚サンも多くいらっしゃるかと思う。
また、恋愛ラボに比べてイチャラブが正統派(というか恋愛ラボがギャグより)
総じて、万人向けのマイルドな作品。
好き嫌いは置いておいて、気軽に読むなら悪くないラブコメだと思います。

中身はひたすらキャラが可愛い。
恋心をもつ男女は可愛い。
それだけを胸に前にすすめる今日このごろ。
ラブコメというにはきらら色が強いので、やっぱりこれはスラップスティックコメディ。
ドタバタという言葉がよくにあいますね。

ただし、きらら系列百合原理主義者は回れ右しましょう。
普通にノマカプの恋物語です。
とりあえず、4巻はウィッシュリストに入れておきました。

アニメもな~。
島風くんが出るまでは待つか。
最新話で美雨てんてーきたし。彼女もまたおねショタの系譜。。。。

ブレンド・S 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ブレンド・S 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

関連記事

スポンサーリンク