citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

読書感想文用の小説にこんなのはいかがでしょう。短編集編

前回読書感想文書き方講座で最後に書いたとおり読書感想文におすすめ一作でも上げて行きましょう
www.citrussin.com


ドラマやアニメや映画、そして漫画は問題ないのに、小説を読むのが苦手という人は多いらしい。
想像するに、これには3つの原因があるのではないだろうかと考えている。
つまり、

  • 長文を読解するのが疲れる。長時間文字を読みたくない。
  • 登場人物が文字のみで把握しづらい。関係性もわかり辛い。
  • 見て把握することに慣れており、文字だけでは現在の状況を想像しづらい。

という点だ。
なるほど並べてみるとわかる気がする。
私は海外ドラマは好きだが、洋物の翻訳書はどうも苦手な小説が多い。
なぜって人の名前が覚えづらい上に、出てくる言葉になじみがなくて状況が分からない。
長文は慣れているが、残り2つがそろうだけでかなりきつくなる。
その点ドラマや漫画はいい。見てわかる、聞いてわかる。
この違いは大きな違いだ。
さてどうした物か。どんな本だったら読んでもらえるだろうか。
考えるに、
1. 長文でない
2. 登場人物が最低限
3. 状況が把握しやすく簡潔である
これを満たせば何とかなるのではないだろうか。
よろしい。
ならば短編集だ。
短編集はいい。長文でないし、短編だから登場人物も内容も簡潔な作品が多い。
さらに一番おすすめなのは、連作でない限り短編の内2~3話だけ読んで全部読んだ風に感想文が書けるということである。
特に気に入ったのは八編目の○○(その話のタイトル名とか展開とか)である。
とか言って書き始めれば問題ない。実はそれしか読んでいなくても十分感想文が書ける。物語が短いからあらすじは極力簡潔に書こう。



ショートショートの神様

星新一という作家をご存じだろうか。
知らない?それはもったいない、図書館なり図書室なりで探してみるといい。
彼は掌編小説、つまりショートショートの神様と呼ばれている作家だ。
400~800文字程度の小話を幾つも書き、さらにその中身は多彩かつ質が高いという神業である。
400文字って原稿用紙1枚くらいですよ!大抵が10ページ以内中には2~3ページほどの話もある。
ちょっとした5分の空き時間(レストランで注文した品が届く間とか)に1~2個するっと読めることを保証しよう。
しかも彼の作品にはほとんど登場人物が出てこない。
長文ではなくすぐ読める、登場人物は最低限、小難しい話はユーモアに包まれてほとんど意識されない。
素晴らしい。
とりあえず中の5つほどを読んでみる気持ちで図書館から借りてみてはどうだろう。
20分もかからないのではないだろうか。それだけでも感想文を書くには十分である。
そして、いつの間にかすべての話を読んでいたということも起こりうる。
おすすめはやはり自選集の「ボッコちゃん」

ボッコちゃん (新潮文庫)

ボッコちゃん (新潮文庫)

50編収録されているが、なんてことはない気が付いたら全て読み終わっているだろう。
SF、ファンタジー、ホラーなどなど非常に多彩な物語が楽しめる。
その中からいくつか琴線に触れた話を取り出して感想を書いてみたらいかがだろうか。

気に入ったならほかの短編集もおすすめする。
例えば「ちぐはぐな部品」が私は好きだ。

ちぐはぐな部品 (角川文庫)

ちぐはぐな部品 (角川文庫)

特に「鬼」は子供心に非常に印象に残った。
桃太郎の話を鬼の視点から再構成したショートショートで物語を多面的にとらえることの面白さがわかる。
SFやミステリ、時代物が多く収録されているため、ファンタジーやホラーよりもそっちよりが好きな人はこちらを先に読んでみてはいかがだろうか。


あっと驚くミステリー

個人的にミステリーは初心者におすすめのジャンルである。
大抵が現実世界に沿っており、犯人と探偵役が主軸であり、読者を驚かすエンタテイメントに満ちている。
人間関係の煩わしさや、感情の機微を読み解かなくていい作品も多い。
もし興味があるなら、たとえば綾辻さんの「どんどん橋、落ちた」あたりを推したい。
特に高校生や中学高学年にはお勧めである。重い話がおおいので残念ながらあまり小学生にはお勧めしない。

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

5編の短編集だが、どれもが読者への挑戦に満ち満ちている。
驚きをもって最後のページを迎えるか、挑戦に答えて悩みぬくかは読者の好み次第だが、謎解きが好きなら楽しめる一作だ。
表題のどんどん橋をはじめとするぞくぞくするような恐怖と後悔。そして驚愕の真犯人。
珠玉の犯人当てゲームを楽しんでもらいたい。

海外の作品なので、あんまり読みなれていなければお勧めしづらいが、それでも初心者向け短編ミステリならば上げとかなくてはならないだろう。
ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」

九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)

九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)

その場から動かずに推理を行う安楽椅子探偵がメインの全8編傑作短編集である。
表題の九マイルは遠すぎるは安楽椅子探偵ものの魅力を存分に引き出した一作で、続きが気になること請け合い。
話自体は短い上に、メイン登場人物も少ないので長文に慣れていない人でもどうにか読み切れるのではないだろうか。
「九マイルは遠すぎる、まして雨の中ともあれば」からどんな事実が判明するのか、その結末を一気に読み切ってみることをおすすめする。

ライトノベルの傑作短編

短編でライトノベルを上げるならば最初に出てくるのは、
時雨沢恵一の「キノの旅 -the Beautiful World-」である。

キノの旅 the Beautiful World<キノの旅> (電撃文庫)

キノの旅 the Beautiful World<キノの旅> (電撃文庫)

色々な法律や習慣、考え方や文化を持つ国々をキノと相棒ヘルメスがめぐる物語である。
基本的には1国一話の完結で、1話1話は短いためすぐに読める。
メインはキノとヘルメスなので、この二人を覚えておけばいいのも助かる。
内容も非常に読書感想文向けで、色々な考え方や文化の国と自分の価値観を照らし合わせることができる。
1国か2国程度琴線に触れた国を選んで感想を書こう。
キノに味方してもいいし、国の是非について議論を深めるのも一手だ。

そして、ラノベの短編集を扱うなら絶対に外せないのは古橋秀之の「ある日、爆弾がおちてきて」だろう。

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)

時間をテーマに奇妙なボーイミーツガールを描ききった短編集で、非常に甘酸っぱく、楽しいのに物悲しいストーリーが7つ掲載されている。
多くの人が表紙で敬遠してしまうが、非常にもったいない。大人が読んでも読みごたえのある傑作集となっている。
表題作「ある日、爆弾がおちてきて 」は世にも奇妙な物語でドラマ化し非常に反響を呼んだ。
散々心を揺さぶられた後の見事な結末は大きなインパクトを残すことだろう。


以上。
6作品。どれでもいいので図書館にGOである。

スポンサーリンク