citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

オーバーウォッチキャラ別講座:ウィンストンの基本的な使い方

ウィンストン
人類の英知をかけた一大宇宙開発Project「ホライゾン・ルナ・コロニー」。
遺伝子改良されてた実験動物たちの反乱により壊滅したコロニーから、一匹のゴリラが地球へと逃げてきた。
天才研究者ハロルド・ウィンストンに息子のように愛された特別な一匹。
人間の素晴らしさと可能性を信じ続ける彼は心優しき森の賢者にして、オーバーウォッチ有数の科学者であり、壊滅したオーバーウォッチ再建を信じて活動するヒーローでもある。



場を荒し敵をおちょくり、瀕死で逃げ遅れた敵をすかさず殺す脅威のゴリラ。
複数敵に自動で攻撃するマルチ電撃武器と、どこへでも飛んで行くジャンプを使って瀕死の敵やスナイパー、逃げ回るゲンジ、ヒーラーをモグモグしていく。
傷ついた敵を狩れる上に、集団を一気に攻撃可能なためアンチがいなければあっという間に敵が溶けていき、そのプッシュスキルは敵を一箇所にとどまらせない荒らし能力を持つ。
バリアを要所に張って味方集団を手助けし、ジャンプで突撃。危なくなってもultで回復して突撃再開などとにかく敵後衛を荒しまくる存在。
ただし、暴れているところに味方が援護射撃してくれないと弱い。
火力は低いがメインスキルが全てスプラッシュ(広範囲複数敵攻撃)のため、適当に攻撃しているだけで敵は徐々に追い詰められていく。
放っておくと大変になるタンクという、まさに「荒らし型タンク」の見本的存在。


=>キャラシナリオは目次参照。
オーバーウォッチ講座:オーバウォッチの歴史、ストーリー 目次 - citrussinのチラシの裏

続きを読む

オーバーウォッチキャラ別講座:ラインハルトの基本的な使い方

ラインハルト

現代の騎士。初代オーバーウォッチメンバー。ハッスルお爺ちゃん。
ラインハルト・ヴィルヘルムはオーバーウォッチの声であり、盾であり、正義である。
年老いたため引退していたが、オーバーウォッチが解体され世界が混沌の渦に飲み込まれる中、老体に鞭打ちかつての相棒「クルセイダーアーマー」とともにヒーローに復帰した。

タンクといえばこいつ。
ゲームメイカーとして最強の一角を誇るメインタンク。
ただ、鈍足、巨体、全攻撃スキルにキャスト時間持ちと周囲に味方がいなければ木偶の坊と化す。チームで移動するのがベター。敵に囲まれたらまず即死。
しかし、2000ダメージまで耐えきる広い盾と、強力な突進、遠距離アビリティを持ち、メインも一振りで広範囲にダメージを与え、D.vaのディフェンスも効かない。
頼れる味方と行動すると、じわじわ前線をおし上げ敵を押さえ込める。
ちゃんと自分の周りに攻撃役の味方とサポート役のヒーラーがいてはじめて輝くと思っておこう。
集団戦で無類の強さを発揮する最強の一角である。


=>キャラシナリオは目次参照。
オーバーウォッチ講座:オーバウォッチの歴史、ストーリー 目次 - citrussinのチラシの裏



総じてTHE チームプレイヤー であり、慣れてない内は(特に野良では)「自分勝手なオフェンスや、勝手にソロで動くディフェンス、まごまごしているヒーラーなどにヤキモキイライラする引率係」と思ってもらって間違いない。
その代わり、こいつを極めるということは「絶対に勝つ」ということに対する一番の近道である。
引率係から、チームのリーダー&ゲームメイカーとして成長してからが本番。

タンクというのは最初は「好き勝手動く味方を何が何でも守りきる」謙虚さを求められ続ける。
でも、うまくなってくると今度は「味方がどう動こうが、最大出力を出せるようにチームを導く」王様である必要に迫られる。

つまり「俺こそがルール」なんだよ。

by LAギルド「アレイキャッツ」タンク ルシアン (ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?より)

続きを読む

オーバーウォッチキャラ別講座:D.VAの基本的な使い方

D.VA

韓国が誇る巨体メック(パイロット搭乗仕様人型ロボット)MEKAに、韓国内でも人気が高いアイドルプロゲーマー「ハナ・ソング」が搭乗したヒーロー。
徹底的に敵を妨害し、窮地の味方を救う機動型タンクとして不動の地位を誇る。
対応できる戦線の広さは折り紙付きだが、反面タンクとしての防御範囲は小さい。



どんなに強力な高火力兵器やultも"射撃物(本体から切り離されて飛んでくる攻撃)”であれば消してしまうディフェンスマトリクスと、全天移動を可能とするブーストを持った高機動タンク。
HPも600と高く、味方や敵1体にディフェンスマトリクスをはって守る単体特化防御(または単体妨害)が得意。
巨体であることやブースト突撃にバンププッシュ(敵をはね飛ばす)効果があることを利用して、様々な妨害行動や荒らし行為が可能。
さらに、弾数無限の広範囲バルカンによって”瀕死の敵”を逃さずにキルできるアサシネイトでもある。
が、反面”巨体”のため敵の攻撃をもろに喰らいHP600があっという間に溶ける脆弱さや、バルカン一発一発は火力が低く巨体相手(全弾命中)や超接近から逃げられない敵(サポートやディフェンスヒーロー)相手でないとHPを減らすのは難しい。


機動力と耐久力を生かし敵集団を荒らす高機動アタッカーとして動いたり、その弾数の多さを一方的に密着して押し付ける超火力DPSとして動いたり、逃げ回る瀕死の敵を遠間からチクチク殺す遠距離機動アサシンとして蠢いたり、窮地の味方をどこからでも飛んでいって救出する(または危険な敵を妨害する)機動型タンクとして立ちふさがったりと、様々な役職をコロコロ変えながら戦場を文字通り”飛び回る”。
やれることが多いため、切り替えや状況判断には経験が必要である。
メインのバルカンはDPS(アタッカー)が狙っている獲物を一緒に削る支援射撃に向いているため、常に味方の視界に写り、誰かと一緒に同じ敵を狙うようにしておこう。
ソロ行動は、味方と味方の間を飛んでいる移動時ぐらい。



=>キャラシナリオは目次参照。
オーバーウォッチ講座:オーバウォッチの歴史、ストーリー 目次 - citrussinのチラシの裏

続きを読む

隠れオタクの!リア充にはわからないかもしれんけど!!それでも”好きなんだ”!!!丹羽庭「トクサツガガガ」は特撮やオタクの知識や日常を描きながらも現実と板挟みされる良作コメディコミック

大切なことは全て子供の頃に教えてもらった
あのヒーローたちに。

現在はニチアサのスーパーヒーロータイムにて続き続ける系譜。
怪獣映画や、変身ヒーローや、パニックものもゾンビも怪談も、深夜のコアなストーリーまで。
子供の心に夢と希望と勇気を育て、大人に感慨と新たな楽しみを植え付けてきた特殊撮影技術使用(SFX)もの
名を持ってそのまま「特撮
仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズ、ウルトラシリーズ。
ゴジラにモスラに、牙狼も赤影も。
学校の怪談さえも。
上げるとキリがない、とてもとてもコアで、魅力的で、心躍るヲタクの世界。

ということで、そんな熱き特撮の世界に魅了された大きなお友達の一員。
仲村さんを取り巻く隠れオタク有る有るコメディ&シリアスホームドラマ
丹羽庭「トクサツガガガ」

トクサツガガガ(1) (ビッグコミックス)

トクサツガガガ(1) (ビッグコミックス)

面白かったです。おすすめ。


注:この記事は「トクサツガガガ」の軽いネタバレを含みます

続きを読む

オーバーウォッチラインハルト講座:チャージストライク系テクニック

ラインハルトの個別記事を書く上で前提となってくるラインハルト固有テクニック一覧
チャージ編

  • 前回はシールド編

www.citrussin.com



ラインハルトはTHEタンクとしての称号を常に背負っています。
その要因は、3秒で回復しだす2000シールドであったり、味方をすっぽり隠す巨体であったり、暴れるのに最適なスプラッシュAOE系メインであったり。
まぁ、色々有るんですが。

やはり何と言っても超高性能(かつ超紙装甲)な3種ストライクを持っていることでしょう。

  • 貫通、即100ダメ、低速のためマップに残り続けるファイアストライク
    • ただし、出の前後に無防備状態が有るので誰もかばってくれないと死ぬ
  • キャッチ後終了まで敵の完全スタン+300ダメ確定+コンボ有り+突き落とし有り+跳ね飛ばしと50ダメのスプラッシュの高火力チャージストライク
    • ただし、発動中は完全無防備のため誰もかばってくれないと死ぬ。背中を晒すので誰もカバーしてくれないと死ぬ。
  • 即発動全体スタンという超厚遇ultのハンマーストライク
    • ただし、ラインハルト自身の低機動力のため誰もチャンスに攻撃参加しないと取り逃がして自分が死ぬ。

おい、全部悲惨な但し書きがあるんだが????

とお嘆きのあなた。
そりゃこれだけ高性能な武器には更に強烈なデメリットをつけないとバランス崩れまっせ。
意外とピーキーなヒーロー。それがラインハルト。


ということで、そんなラインハルトの固有テクニックは非常に多岐にわたります。今日はチャージ編。
高速で動くルシオやトレーサー、ゲンジくんを殺害できてこそラインハルト使いを名乗れるというものです。
基本的なものだけ紹介。

続きを読む

オーバーウォッチ初心者講座:ソンブラの使い方、使われ方の基本

非常に強い、あまりにも強い、6VS6においては最強に近いヒーロー。
全ヒーローに対するカウンターとなりうるチートキャラ。
ただし、自身のスペックは最低ランクのヒーロー。
脳筋では、動かすことすらままならない超高難度。

ソンブラ
ソンブラ

ただし、その強さは全て相方DPSへ捧げられる。
自分がDPSとして使うと最弱だけど、味方に使わせると自分の使うDPSが最強になる。
それがソンブラ。
誰も使いたくないけど、使うと問答無用で勝つ選択肢を持つことができるので味方にはうまくなっておいて欲しいキャラ。
それがソンブラ。


が、が、が、
シーズン4後半戦で2500ランクの世界を覗いてきましたが、6人に一人はソンブラを未だ
「ピックした時点で負け」
とか
「ピックしたやつは問答無用でトロール(荒らし)」
とか
そんな馬鹿げたことを思っている人がいる。
洒落にならない。
いざ敵にソンブラがいた時の動き方が壊滅的、油断して安易にソロで動いて速攻で狩られてデスループ。
ソンブラは標準のスキルでウォールハック(壁越しに敵を視認可能)持ちであることぐらいも知らんのか。。。
さらに味方にソンブラがいると暴言を喚き散らす人まで存在する。

もう一回いいます。
洒落にならない。



ということで、「ソンブラってこんなに強いんだ」ってことを紹介したいと思います

続きを読む

オーバーウォッチの豆知識:マクリーの名前について

さて、
我らが10m最強のオフェンスアタッカー。ジェシー・マクリー

マクリー

かつてはアメリカのルート66で悪の限りを尽くすギャング集団「デッドロックギャング」の一員。
そして、オーバーウォッチに捕まってからは世界一のスナイパー アナ・アマリとオーバーウォッチ最強の兵士ガブリエル・レイエスのもとで研鑽を積んだヒーローでありました。
現在は、ブラックウォッチ時代やデッドロックギャング時代の罪と、”奴ら”と”タロン”にでっち上げられた(冤罪の)容疑がかかる指名手配犯でもあります。

さて、彼がデッドロックギャングになる前の資料は殆ど出ておりません。
そして、オーバーウォッチ時代もブラックウォッチ所属として様々な情報が隠蔽されておりました。

そんな彼にまつわる裏話

続きを読む

スポンサーリンク