citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

オーバーウォッチ講座:オーバウォッチの歴史、ストーリー その10-1 タロンの暗躍:ルメリコ崩壊前夜

初めての方はストーリー記事その1へ(リンク)

前回その9
www.citrussin.com
では、ヒーローたちの復活を語りました。
彼らは彼ら自身の正義を信じ、再び立ち上がろうとしています。
しかしその一方で、タロンも自らの目的を果たそうと暗躍しています。
その10では、タロンの暗躍によって起こった様々なエピソードを語りたいと思います。


 

注:ソンブラARGについて

その10で語る「ドラド激動 ルメリコVSソンブラ」のエピソードは、現実世界を巻き込んだ謎解きゲームイベント「ソンブラARG」として語られました。
ARGは通称「代替え現実ゲーム」と呼ばれ、創作世界で語られる物語と実際に現実世界で行われるイベントをクロスリンクさせ、現実と物語世界を一体的にしていく謎解きゲームです。
例えばARGの関連ニュースをまとめておられるARG情報局様では、「ARG の一番の特徴は”日常空間と物語空間が交差すること”」と表現されています。
arg.igda.jp


現実世界で「あれ?」と思うようなことが突然SNSや動画サイト、公式HPなどに出現します。
場合によっては掲示板やまとめサイトなどで使うこともあるでしょう。
こういった「ナニカおかしなもの」を見つけ、それを「何なのか」解き明かしていく。
広大なインターネットで、同じく参加者となった人たちと、与えられたかすかな謎を起点に「その先に何が待っているのか」を探し出す。
最初に見えていいるものは単なる「物語の切れ端」であり、皆で切れ端を収集しその謎を解いていくことで「裏に流れる大きなストーリー」に気がついていきます。
やがてそのストーリーは、「よく知る物語の登場人物が関わっている」ことや「待望のゲームの隠された物語」であることも見えてくるでしょう。
ゲームの中や現実世界でキーアイテムを探し、参加者同士で連携しながら切れ端を全てあつめ、謎へと立ち向かっていく。
そこにいる主人公は、確かに現実世界に存在している「あなた自身」
まぁ、そういう現実一体型ゲームです。
イベントやプロモーションなどで活用されます。
例えばARGを更に範囲限定したイベントとして行う「リアル脱出ゲーム」などもありますね。



アナ参戦後に公開されたPVやネットのサイト、ゲーム内マップなどには大量の「隠された謎掛け」があり、それをBlizzardからの挑戦状と受け取ったプレイヤーたちは全力を持って解き明かしていきました。
そして、その答え自体が「ソンブラ」という謎のキャラクターの正体にせまるものでした。
ARGでは、プレイヤーたち自身が「謎の人物ソンブラの招待状を受け取ったハッカー」としてソンブラと一緒にルメリコ調略を行っていくというストーリーが繰り広げられ、イベントが全て終了しソンブラARGが完結するとともに、Blizzcon 2016で「プレイアブルキャラクター:ソンブラ」参戦の告知がなされました。
そして彼女はこの後のエピソード「ヴォルスカヤ襲撃事件」を始めとして、様々なストーリーPVに登場するようになります。

注意事項が3つあります。

1. かなり強引にARG要素をストーリー記事に取り入れました。
ARGは現実世界で行われたイベントであり、主人公がプレイヤー自身であったためゲーム内ストーリーとしては語りづらい。
・・・んですが、これを抜かすとルメリコをハッキングする様子がほとんど書けない。
故にこのストーリー記事では、「ソンブラにある日挑戦を仕掛けられた一人のハッカーがいた」という体裁で、ストーリーにARGイベントを無理やり混ぜ込み、詳しい話はARGの説明をもって補足しようと思います。

そもそもARGやそれに参加したハッカーたちがオーバーウォッチ世界にいたのかは未定であり、かなり無理矢理な解釈になっています。
あくまで二次創作レベルであることを承知ください。


2. ARGは複雑すぎなので、ストーリー理解上必要な情報しか掲載していません
ソンブラARGは非常に難易度の高い謎解きでした。
様々な情報処理技術や暗号化についての知識を駆使しないと解読できない産物で、参加者はインターネット上で連絡を取り合い、専門にしている人たちが喧々囂々意見交換し、実際にプログラミングを組んで解読ソフトを開発しあい、全員でソンブラの痕跡をおいました。
そしてその光景をストーリーにするのは無理です。
なのでここでは解読結果だけを参考にしてストーリーを組んでいます。
ARGを追体験・・・みたいなことはできないのでご承知ください。
また、後ほど書きますが、ルメリコ内で大量のメールやり取りがあるのですがそれを全部翻訳するつもりはないです。


3.ソンブラARGは基本的にスペイン語で行われましたが、全部英語もしくは日本語に直してます
ARG中のソンブラからのやり取りは全て彼女の故郷メキシコの公用語たるスペイン語でやり取りされています。
ですがこのストーリー記事ではわかりやすさのため、主に英語か適当に意訳した日本語を載せてます。
原文はスペイン語だと思ってください。




タロンとソンブラの邂逅

=>前回のソンブラの話については、2-1参照
=>オーバーウォッチ講座:オーバウォッチの歴史、ストーリーまとめ その2-1 戦後復興とオムニックの目覚め - citrussinのチラシの裏

タロンへとソンブラが身を寄せた時期はわかっていない。


”奴ら”の標的となったソンブラは、身を隠しながらも将来への計画をねっていた。
それはあのとき触れた深淵、すなわち”奴ら”の目指す「とある世界規模の陰謀」の正体を知ること。
そしてそれを利用し、”奴ら”の席を乗っ取り、今度こそ世界の裏側を自分の手中におさめること。

そのためには、世界の真実を知る権力者たちと「お友達」にならないといけない。
情報は力なのだ。
”奴ら”の監視を上回るため、そして彼ら自身を凌駕するため。
ソンブラは情報を集めなければならない。


そのためにソンブラは、かのオーバーウォッチさえ下した世界的テロ組織「タロン」の元へと”雨宿り”していた
(ソンブラが如何にメキシコからタロン参加に至ったかは公式エピソードが出てません)


ドラドのギャング集団「ロス・ムエルトス」

Los Muertos(ロス・ムエルトス)は、Doradoを中心として活動する自称革命家集団である。
自称革命家・・・・要するに質の悪いギャング団だ。

Los MuertosとはメキシコでThe Deadつまり”死”を意味する。
名前の通り頭蓋骨や骨といったモチーフを好み、蛍光塗料で体や縄張りの壁にマークを描く。
彼らが何を目指し結成されたのかは分からないが、少なくとも自分たちDoradoの復興を優先的に行わないメキシコ政府に憤慨して立ち上がったと見られる。
違法な武器密輸売買にも手を染める彼らを住人は恐怖の対象としてみており、実際にクライシス後の混乱したDoradoで度々問題を起こしていた。
あの「今は存在しない少女」ソンブラもココに所属していた。(当時のソンブラは”ロスムエルトス”スキンとしてゲーム内で見れる)
=>存在しない少女についてはその2-1参照。
=>オーバーウォッチ講座:オーバウォッチの歴史、ストーリーまとめ その2-1 戦後復興とオムニックの目覚め - citrussinのチラシの裏


また、クライシス後に発足したギャングによく見られるように彼らは反オムニックだ。
が、利用できるとなればオムニックを取り入れることも躊躇しない。(要するに全く思想がなくただ破壊による金儲けを行うギャング集団です)
Doradoの道端で、無力なオムニックを複数で囲みリンチを行うロス・ムエルトスのメンバーが時折見られる。


そんな彼らが、自分たちのシマである(だと思いこんでいる)Doradoでショバ代もみかじめ料も払わずに事業を行うLumeriCoを恨むのは当然だったのかもしれない。

  • Doradoの路地裏には彼らのマーキングがある

Dorado路地裏のロス・ムエルトススプレー


そしてオーバーウォッチ崩壊後のドラドに、ある目的のために古巣を利用しようと故郷へと帰ってきたハッカーの姿があった。


ソンブラからの挑戦

ある時、謎のバイナリーコードが密かに発信された。
そお意味不明な羅列の真意を解いた者は、ロスムエルトスが好むドクロマークと共に、とあるメッセージを受け取る。

”Parece que te gustan estos jueguitos... por que no jugamos uno de verdad?”


どうやら、あなたも”こういう謎解き”が好きなようね?
・・・・ねぇ、私達でゲームをしない?

ソンブラのドクロメッセージ

"la que tiene lainformación; tiene el poder"
情報を握っているということは、力を持っているということなの。
ゲームをしようって約束だったわね・・・・じゃあ、始めましょう。
あなたがこの発端から、道を切り開いていくことを祈ってるわ。

まずは「A Moment Crime」。


ある日、Moment Crimeがハッキングされた。
=>A Moment Crimeは8-2参照
=>オーバーウォッチ講座:オーバウォッチの歴史、ストーリー その8-2 豚と爆弾魔の珍道中 - citrussinのチラシの裏


Thank you for contacting A Moment in Crime's anonymous crime line!
We have analyzed your submission and forwarded the information to the relevant parties. Your help could be vital in apprehending these cri
...Estableciendo conexion...
...Protocolo Sombra v1.7 iniciado...

01:07:47 02:02:02 01:08:06 02:13:43 01:18:32
01:18:21 02:10:19 01:06:21 02:05:18 01:04:02
01:07:08 02:18:25 01:13:04 02:19:20 01:23:02
01:16:40 02:16:35 01:23:04 02:17:16 01:06:42
01:13:29 02:18:06 01:05:02 02:15:41 01:08:34

j.7F57O、NLv:qj.7B:1qvB1j5ivB :

... Terminandoconexión...

大量の数字からソンブラからのメッセージを受け取れた者は、ある言葉を読み解いた。
「Sombra Information is power Sombra」

情報は力なのだ、と。

そして1日後。
追加のメッセージがA Moment Crimeを通して伝えられた。

「アップロード開始」


「さて、あなたは私のパスワードを取得できたようね。このテレビ番組をハッキングしたのは無意味だったかしら。事が起きるのを待ってなさい」


「燃え上がるまであとちょっと。これが終わるまでは・・・見つからないようにしないとね」


「・・・・・送信完了」


「アップロード完了!」


ソンブラARG : A MomentCrimeまで

詳しくはソンブラARGまとめサイト参照(英語サイト)
wiki.gamedetectives.net


下記はほぼまとめサイトの意訳&復号結果となります。
復号の仮定や各詳細な解法仮定はまとめサイト参照願います。




アナ参戦時に発表されたPVの中に仕込まれたバイナリコードやソースコードを情報処理技術を駆使して復号し読み解くと、ソンブラからのメッセージを受け取れる。
ただ、サマーゲームPVで同じく表示されたBase64暗号は、現時点では複合不可であった。
最終的には必要なるが、ここでは一端置いておく。

解読できた暗号は順に

  • アナPVに仕込まれたバイナリの暗号

「情報は力なの」

  • アナの開発者インタビューに仕込まれたQRコードの暗号

「この問題は簡単だった?さて、あなたの興味を引けたようね。次はもっと難しいから」

  • 公式HPのドラドマップの画像が二枚になっており、その二枚の画像を重ね合わせ処理して差異チェックツールで確認すると画像に浮かび上がる文字

「空(Skycode)ばっかり見ていても意味ないわ。答えは頭上じゃなくて、すぐ後ろ。たまには以前のachievementsを分析してみるのもいいかもね」

  • オーバーウォッチのachievements(トロフィー)を確認すると、取得できない謎のトロフィーがある。そのソースコードを見ると出てくるメッセージ

「っち・・悪くないわね。でもちょっと退屈。同じ方向で新しいことを試してみるわ。
uczihriwgsxorxwunaarawryqhbrsfmeqrjjmu 5552E494 78T3 4VM9 OPL6 IS8208O913KRlrx」





このメッセージ「ucz.....」をVigenére暗号で復号化すると、今度はヴォルスカヤマップの1枚画像が出現。
ドラドと同じく差異を取ると、1つ目のドクロ。
更に同時期にBlizzardの公式フォーラムに「Skycoder」を名乗る人物が現れ、意味深な発言と画像を投稿する。
この画像をデコードし、Base64で複合したら2つ目のドクロ。

以下のソンブラからのメッセージとなる。

”Parece que te gustan estos jueguitos... por que no jugamos uno de verdad?”


どうやら、あなたも”こういうの”が好きなようね?
・・・・私達でゲームをしない?

ソンブラのドクロメッセージ

この2つのドクロを改行を無視した文字列としたとき各文字の差異を取る(同一文字、つまり差異0は無視する)と、
「OHVSURPHWLXQMXHJR ... FUHRTXHXVWHGHVORVGHWHFWLYHVGHMXHJRVOROODPDULDQXQWUDLOKHDG?EOCJGDXVD-DPEDV-FDODYHUDV.KWPO」
が得られ、これをシーザー暗号で復号するとメッセージ。

「I promised you a game...I believe you Game Detectives would call it a trailhead? BLZGDAUSA-AMBAS-CALAVERAS.HTML」
=>「ゲームをするって約束したわね・・・・あなたたち探偵にとってこのゲームがtrailhead(旅の始まり)になると信じているわよ?」
「BLZGDAUSA-AMBAS-CALAVERAS.HTML」

BLZGDAってのはブリザードのメディアサーバーのホストのこと。
後に続くUSA-AMBAS-CALAVERASはスペイン語で、「”USE-BOTH-SKULLS"=>2つのドクロを使え」となる。
ひとまずBLZGDAのフルパスは「https://blzgdapipro-a.akamaihd.net/media/screenshot/」なので、そこのusa-ambas-calaveras.htmlを見に行くことになる。

(注:2018/06/21現在も一応見れますが、今後BLZGDA内から削除される可能性もあります)


URLにアクセスするとウィドウに撃ち抜かれ入院したアナ(ジャニナ・コワルツカ)のレントゲン動画が出てくる。
また、レントゲン動画の途中で画面上にソンブラスカルが現れ、(設定上ハワイの病院内に)保管されているデータを彼女がハックしたことがわかる。

  • レントゲン動画のスクショ。

アナのカルテ

まずこの動画自体を保存して、動画プロパティのコメント欄を見るとソンブラからのメッセージ
「あなたはこれら”ヒーロー”たちに興味があるようね。私が彼らについて調べた情報、知りたいでしょ?」


次に動画右下では心音がモニターされており、そのPINの動きを右からA-Zとして復号すると
「A Moment Crime」
という文字が得られる。

  • 海外の有志がyoutubeに上げた、レントゲン動画とその複合
    • この動画ではレントゲンを低速コマ送りにし、さらにPINの位置にA-Zを降っている。
    • PINの上がった場所を最初から拾っていくと、「amomentcrime」となる。

www.youtube.com



A Moment Crimeに対して、このイベントの最中に犯罪者情報受付メールをリクエストするとソンブラにハックされていることがわかる。
ハックされたメッセージを読む。

このとき

..Estableciendo conexion...
...Protocolo Sombra v1.7 iniciado...
(中略)
... Terminandoconexión...

ってのはこれまたスペイン語。

..接続を確立中...
...Protocolo Sombra v1.7 オンライン...
(中略)
・・・・接続終了・・・・

って書いてあるだけなので無視。

本文

01:07:47 02:02:02 01:08:06 02:13:43 01:18:32
01:18:21 02:10:19 01:06:21 02:05:18 01:04:02
01:07:08 02:18:25 01:13:04 02:19:20 01:23:02
01:16:40 02:16:35 01:23:04 02:17:16 01:06:42
01:13:29 02:18:06 01:05:02 02:15:41 01:08:34

を、A:B:Cの3つの数字の列とみなし、Aを頭蓋骨の1番2番、BとCを行列に合わせると、

S j G B L
. @ M O k
i , v : 0
E 7 r q N
J P 5 F 1

の5✕5のキーが得られる。

このキーを最後の文「j.7F57O、NLv:qj.7B:1qvB1j5ivB :」に対してBifid暗号で復号化すると
「SOMBr@1NF:rM@7iON1SP0vvErrSOMBr@」
が得られる。
これが今後のドラド攻略戦のパスワードとなる。

ちなみにこれはいわゆる”リート”なので、意味は
「Sombra Information is power Sombra」
となる。


その後、件のskycoderがフォーラムにて23時間のカウントダウンを行いだす。
カウントダウンが0になるとA Moment CrimeをハックしているソンブラプロトコルがV1.9に変わり、「アップロード開始」の文字が加わる。
更にソースコードが変わる。
コードのコメントにメッセージ。
「さて、あなたは私のパスワードを取得できたようね。このテレビ番組をハッキングしたのは無意味だったかしら。事が起きるのを待ってなさい」

アップロードが5%まで完了すると、さらにプロトコルがアップデートされV1.95へ。
ソースコードコメントが変わり
「燃え上がるまであとちょっと。これが終わるまでは・・・見つからないようにしないとね」

そのままアップロードが100%まで行くと、メッセージ
「アップロード完了。バスティオンE-54」

ソースコードにはv1.4.0.2.324の文字が追加。




以上、ソンブラが動き出す前夜のエピソードでした。
ドラドのエピソードはめちゃくちゃ長いので、3分割します。
次回はルメリコVSソンブラ


スポンサーリンク