citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

私が鬱になった日04 VSパキシル離脱症状備忘録(兼やる夫スレというコンテンツの紹介)

  • 3年経ち、トラウマも薄れ、ある程度パニック障害緩和の目安も立ってきた
    • =>いつパキシルからの離脱をしようかと話しているところだった
  • 流石に3年もニートしてたので蓄えがほとんどなくなった。
    • =>薬を買う金がやばい
  • 通院日に倒れ込み受診をのがした上に、その後クリニックの休業日が続いた
    • =>意図せずパキシル離脱を強制的に行うことに

いろいろな要因が重なって、パキシル離脱を行うことになりました。
しかも、3項の事柄から最初から2=>0パキシルでの離脱(少しづつ減らしていくのではなく一気に抜く)を行うことに。

これはその体験をとりあえず備忘録的に綴る記事となります。

ぬっこぬっこにしてやんよ

パキシル離脱ってな~に?

パキシルについて

よりどりみどり十人十色の鬱症状において、パロキセチン塩酸塩、つまりパキシルはとてもいい薬です。
憂うつな気分や不安感をやわらげ、そわそわしたり嫌な汗をかくような状態を軽減。
気持ちを和らげることによって、ある程度前向きに進めるようになるお薬です。
基本的にはうつ病や不安障害の治療に用いられ、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害(社交不安障害)、外傷後ストレス障害(PTSD)などいろいろな心の不具合を解消するために、継続的に飲み続けることになります。
基本的に軽度の憂鬱症状に対しては偽薬や精神安定剤と比べても効果が有意ではありませんが、重度のうつ病やパニック障害においては確かな効果が臨床的に示されています。

要するに、
鬱状態でも前向きに生きられるようになる薬。

パキシルの離脱症状ってなーに

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。
副作用が少なく、効果的な「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」ですが、離脱症状が起きやすい薬だそうです。
その中でも特にパキシルは

パキシルは、半減期が長くはありません。さらに薬の濃度が急激に増加するので、離脱症状は抗うつ剤の中でも一番おこりやすい。
新しい抗うつ剤であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRIは離脱症状が出やすく、その中でもパキシルは離脱症状が強いです。

のだそうです。
=>医者と学ぶ心と体のサプリサイト様から引用
mentalsupli.com

そのため「体から薬を抜く」ときに、ゆっくり服用量を減らす軟着陸と、離脱症状覚悟で一気に服用量を減らす急降下の選択肢があります。
当初、お医者さんからは、焦らずにゆっくり薬を半減づつ減らしていく軟着陸を提案されていたのですが、私の横着により強制3日薬絶ちをしてしまったので、お医者さんと相談してそのまま離脱させていくことになりました。
そもそも、お金もなくなってきていたので、急降下覚悟での短期決戦は個人事情としても嬉しい選択肢でした。

!!!!!注意!!!!!!!
ことは薬と自身の体にまつわる問題です。
ちゃんとかかりつけの医師と相談しながら離脱方法を探っていきましょう。
自己判断は絶対禁止

離脱期間

とりあえずお医者さんに一気に抜いた場合の「日常生活を普通に送れるようになるまで回復する」期間を聞いたところ
「パキシル効果がなくなってから、大抵7日ーーー多くて二週間。早ければ5日でもダイブ大丈夫になったって人もたまにはいる」
だそうです。(なのでこの記事では24時間単位で考えてて、0日目=>1日目表記なので、単元:12日目ぐらいまでは様子を見ていくことになるのかね?)

ただし、その間の離脱症状はかなり物があり、様子を見つつ、やばいと思ったらさっさとギブアップが正解だそうで。
頓服(不眠などの一時的な症状の緩和)にソラナックス(アルプラゾラム)をいただきました。

曰く、

  • 一気に抜くと決めたなら、中途半端はいけない。ちゃんと抜く。
    • 途中ギブアップでも、パキシル以外の離脱症状がマシなお薬に切り替えるとのこと。
  • 中途半端はいけない
    • 途中でやめたり再開したりと起伏するぐらいなら最初からやらないほうがいいらしい。
  • ただし、安定剤で有名な”デパス”は非常に依存症が強いためやめとけ
    • 睡眠導入剤として不動の地位を誇る”デパス”ですが、依存性が高く、やめられない人が続出するそうですね。
    • 私の知り合いにも寝る前のおやつ代わりレベルでデパスを頬張る人がいて、あれ結構心配になります。

だそうです。

この記事の目的

せっかく話に聞く「パキシル離脱の辛さ」を体感するので、その感想兼備忘録をネタにしたいと立ち上げた記事となります。

読まれる方に何の知識も利益ももたらさない、ただの日記となります。
ああ、馬鹿なやつが馬鹿なことをしたんだなーと生暖かい目でご覧ください。


注:
これは私個人の体験記であり、鬱症状や離脱症状は個々によって様々に変わります。
”絶対”も”確実”もありません。
コレはもしかしたら読み物コンテンツではあるかもしれませんが、攻略本やデータ指標にはなりません。
ただの日記です。


余裕の1日目

そろそろ最後に飲んでから24時間経過。
とはいえ、正直1日目は何の問題もなかったです。
というか、そもそも
「夜飲み忘れたら一日抜くぐらいは問題ない」
と、以前もお医者さんから忠告を受けました。
つまり飲まずにいても48時間は問題なし。

というか、前に夜飲み忘れて、朝一に飲んだら午前中だるくてだるくて仕方なかったので、ああコレはダメだなと。
そのときの相談時に、お医者さんから上記の忠告を受けました。
以前Twitterにてこんな愚痴を漏らしてましたが、どうやらコレ(朝飲み横着)が原因だったようです。



みんなはちゃんと用法用量を守ってお医者さんと相談しながら飲みましょう。
夜服用って書いてある薬を、自己判断で「たぶん朝に飲んでもいいよね!」とかするとえらい目に会います。

脳みそが二回転半着地を決める2日目

朝はどうも無いというか、意識すると違和感があるかな程度。
ほぼプラセボレベルだと思います。
いや感覚的には、薬キメてから50時間ぐらいはセロトニン阻害されてんじゃないかなーと思う昨今。
問題は昼と、特に夜です。夜。

昼ぐらいから意識に違和感。
夜から本格的に脳みそが振り回されてきます。
感覚としては、くらくら感と思考を邪魔する意識トビがたまに起こりました。
具体的に表現すると、
「たまに脳みそが空中一回転ジャンプを行う」
「二回転するときもある」
4フレームぐらい意識が飛ぶので、意外と厄介。
文字を追うのがつかれるようになってくる。

とはいえ、テレビをゆっくり見て過ごす分には問題なし。
軽作業も普通にできる。
集中して作業するのは、夜になってからは難しいです。
運転は控えるのがベスト、って言うか二日目からは絶対車やバイクはやめておいたほうがいいと思われます。
まあ、わたし車持ってないけど。
一応自転車も危ないとおもい、夜からは自粛して家に引きこもることに。
歩いていてもちょいふらつきます。

パフォーマンスとしては、「いつもは2デス以上しないマーシーが、4デス超えデフォ。たまにルシオにヒール量で負ける」
とはいえまだまだ普通にオーバーウォッチ2300ランク戦えるレベル。

まぁ、夜に向けて急速に体調が悪化していったので、この二日目からオーバーウォッチ含むFPS禁止令発動!してます。

  • 勝利確定の瞬間にちら見した評価画面シーン抜粋。ルシオに負けている+4デスだが、勝ちは勝ち。
    • プレイ中の録画ビデオのワンシーンを抜いたので、見せるために撮っておらず、画面が暗い。ご了承ください。

パキシル離脱マーシー

  • 76でも普通に勝てる。相変わらず命中率は悲惨な模様。
    • こっちは「ブログネタに使えるかなと思って撮った素材の一つ」のためスクショタイミングがキレイ。。。

パキシル離脱76


本格的にヤバイ状態になる3日目

薬。。。。薬はどこだ。。。。。
無いとわかっていても、薬をフラフラ探しに出るように。
何かしようとして立ち上がるけど、何もすることがないので座るを繰り返す。
いわゆる焦燥感的感じが全体的に漂ってきます。


人との対話が嫌になる朝

寝起きが非常につらいです。
まずもってお仕事は無理なので、もし離脱を即抜きしたい人はこの3日目は”絶対に”何も用事を入れないように。
人との些細なやり取りさえ億劫なので、冷凍庫にレンチン系食べ物を用意しておくと安全。
引きこもっておくのがいいと思います。

ダルマ落としを始める昼過ぎ

昼過ぎぐらいから、脳みそをだるまに見立てて、誰かわからん輩が勝手にダルマ落としを始めます。
なんか、思考の一部がコッツーンと遠くに飛ばされるような感覚が頻発し、ちょいテレビを見るのがしんどくなってきます。
音楽を聞くなり、漫画にふけるなりがかなり楽な選択肢。
また、ちょいしんどいとは言え、まだまだテレビもOK、ゲームもRPG系ならばまだまだOK。
小説は文字を追いづらくかなりキツイですし、バライティは人の声が疎ましく感じるようになるため回避推奨。

座ったり立ったりがちょっと億劫になってくるので、例のSteam寝転び装置があればゲームなり動画なりを見ながらゆっくり過ごすなんてのも可能。
www.citrussin.com



音楽聴きながらの漫画はこのあとの本番(夜)にとっておいたほうが良いと思われます

福笑いを始める夜

夜が近づく(すなわち最後に飲んでから85~90時間経過)になると、顔が福笑いを始めているかのような感覚になります。
目と鼻がなんかチグハグな感じ。
グワングワン世界が揺れだすこともあるため、とりあえず早めに風呂に入って水分を取り、寝転んでしまうのがおすすめです。
スマホやタブレット(できれば画面が大きいタブレットのほうが推奨)、紙の漫画などをとりだし眠くなるまで時間を潰しましょう。
音楽を聞きながら眼をつぶるのもいいですね。
イヤホンやヘッドホンは症状が進むに連れて、その「耳に触れている部分」の不快さが際立ってくるため、できればスピーカーのほうが良いと思います。
特に耳の中に入れるイヤホンは頭痛のもとになるため注意。

「寝れないならば、無理に寝る必要はない」
ぐらいの感覚が大事です。
まじで福笑いが終わらず眠れませんので。
焦れば焦るほど、その焦燥感が増幅され意味のないそわそわ感が出てきますので、落ち着いて、「徹夜しても明日は昼寝で問題ない」ぐらいの気持ちで行きましょう。
そのため、仕事があるならば今日と明日(3,4日目)は絶対に休みにした方がいいと思われます。
趣味も控えめにしましょう。無理に作業を行うと、その趣味自体に倦厭感を持ちかねません。

横になって目を閉じても、地面が側面に、側面が天井にと、平衡感覚が狂い出すので普通には寝付けないかと思います。
あとの祭りでしたが、「寝るならば、気休めにソラナックス(アプゾラム)を服用するのはOK」と医者からアドバイスされました。
いや、本当に先に知っておきたかった忠告でしたが、4日めも辛かったら選択肢に入ってくるかと思われます。

夜長をずっとゆったりぼーっとして過ごす気持ちで。
無理に「リラックスしよう」と思わないほうが、かえって穏やかに過ごしやすいです。


=>うちのサイトでも、おすすめコミック紹介とかやってます。もしよかったら参考にドゾ。
www.citrussin.com

電子書籍の選択肢が出来たことで、こういう時にまとめ買いができるのは嬉しい。

時間つぶしにやる夫スレとかどうよ

さて、読む漫画がない、買う金もないという人で、普段暇つぶしに「小説家になろう」等ネット小説を読んでる系の人は、オタクコンテンツの一つ「やる夫スレ」を試すのもいいかと思います。
やる夫スレ(特に小説タイプ)は、アスキーアートを駆使し「有名な作品のキャラたちが俳優となって繰り広げる舞台」のような物語作りをするコンテンツです。
小説よりマンガチックに読みやすく、コンテンツの豊富さも相まって気楽にだらだら読みできる作品が揃います。
雑談、知識系等のコンテンツも豊富ですが、頭がクラクラしている状況で「楽しみながら新たな知識を放り込む系コンテンツ」は頭に入りづらく、読んでて辛くなると思います。

注:やる夫スレは多くが読者が関与できる双方向コンテンツですが、ネットエチケットを弁えるまでは、本スレへの突入やコメントは控えましょう。
作者様は多大なる時間と労力を掛けて作品を作られており、そこに敬意を払わない行為や、「お客様」や「アドバイザー(笑)」「ネタバレ、ネタ潰し荒らし」は絶対にやめてください

なれると、独特の馴れ合いや、参加型作品など、楽しみがより増えます


さて、小説系やる夫スレは漫画ぐらいの気軽さでだらだら読むのに適しており、ジャンルが豊富で、主人公はやる夫、やらない夫のAAが担当のためストーリーに縛りが少なく幅広い展開と愛着の定着が同時に期待できます。
更に作者さんたちはやばいほどの労力を使って、ただ閲覧者の感想やファンの賞賛だけを糧に様々な物語を紡いで、無料公開してくれています。
2008 - 09年から本格稼働した「ストーリー系やる夫スレ」は、相当数の作品群がネット上で無料でまとめられているため、コンテンツをざっと消費したいならば暇つぶしにはピッタリかと。
下手すると2,3ヶ月潰れますが。。。。
ごろ寝で読む場合タブレットのほうが読みやすいですが、最近のスマホは画面も大きくなりそんなに損傷はありません。


やる夫スレのコンテンツ量はかなりの量にのぼります。
オリジナル、二次小説、ゲーム原作、ゲーム改変、歴史モノ、歴史IF。ベースとする作品の数も膨大です。
重い話から感動話、冒険譚から最低系まで、ジャンルも各種揃ってます。
ただ、コメディ系かつ短編の作品がこの”ダルマ落とし”脳みそには読みやすいかと思われます。。
AAは普通はタブレット&スマホで見ると読めませんが、いくつか回避策が有り、かつスマホ用にサイトを作ってくれているまとめサイト様もいらっしゃいます。

とりあえず適当に幾つか、”スマホAA表示対応まとめサイト”でまとめられている短編のおすすめをば貼っておきます(私は2009年ぐらいから読んでるので、旧いのが多いのをご承知ください)
長編は下手すると1週間ぐらい潰れるので、現状況に合わないかなーと。。。

  • キッチンやらないo
    • テンポの良いギャグとキレのある下ネタ。非常に上手い料理描写など、完成度の高いコメディ。作者◆08T8EOtaSs氏は天才だと思います。
    • 纏めてくれている「それにつけても金の欲しさよ」様は、標準でPC版の見やすいページをスマホでも見れるフォント設定にしてくださっており非常に嬉しい。

http://snudge.blog38.fc2.com/blog-entry-191.htmlsnudge.blog38.fc2.com

  • やらない夫の月はきれいなようです
    • やる夫スレ界の狂った天才の一人”垂れ蔵”氏による、ノンフィクションかフィクションかわからなくなるような、友人たちとのバカ話連作。
      • 一部R18表現があるため、未成年の方は注意。
      • 垂れ蔵氏曰く「徹夜明けのテンションのおかしな状態で書いているため、夜中のうちに書いたラブレターを朝読む気持ちで」とのこと。
    • 纏めてくれている「やらない夫オンリーブログ」様では、「スマホ版ページ」を表示することでAAが崩れず読むことが出来ます。
    • 完結したかに見えた物語が、その後延々と続編が続いていきます。ほっとくとどこまでも沼にはまり込むので、キリの良いところで一旦切り上げましょう。

yaranaioblog.blog14.fc2.com

  • ゴブリンスレイヤー
    • やる夫スレから書籍化まで至った作品。このライトノベルがすごい!2017に選ばれた際は、マジカヨと思いました。
      • 今では母数が多くなって、オリジナルがやる夫スレって知っている人少ないんじゃないかな。
    • 纏めてくれている「このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?」様もフォントがスマホ対応。安心して読めます。

yaruok.blog.fc2.com

書籍の方はこっち

ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

  • 作者: 蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊),黒瀬浩介,神奈月昇
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2016/09/13
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
ゴブリンスレイヤー (GA文庫)

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)





もしやる夫スレコンテンツが気に入って今後膨大な作品を探索していくならば、とりあえずやる夫ビューアーを登録するのがおすすめ。
それと、まとめサイトはスマホ専用ページではなく、PC版のページを見ることで読みやすさが上がります。
基本的に、多くのサイトがスマホ表示非対応であり、あらゆる名作をタブレットorスマホで読むためには設定が必要になります。

  • やる夫ビューア
    • スマホやタブレットで読めないサイトを、読めるフォントに変えてくれる神WEBサービスです。大抵のブログに対応してくれるのが有り難い。
    • モバイルやる夫Viewer(Ver0.12)

ブックマークレットも用意されており、ブックマークレットが使用できるブラウザ(safari、Chrome、sleipnir等はデフォルト対応)を利用すれば気軽に変換が可能。
タブを使えばPC版と変換版を行き来しての話数リンク辿りもしやすいです。

ブックマークレットについては、各自のブラウザ(orスマホ) ブックマークレットで検索して見てください。
色んなとこでやり方言及があると思います。

その上で、上記サイトに書かれている通り

javascript:location.href='http://nitrogen.sub.jp/php/Viewer.php?URL='+location.href;

を、コピーしてブラウザのブックマークに登録(例:適当なブックマークを作る、中身を編集、リンク先を上の1文に変更)する形となるかと思います。

やる夫ビューアーを導入するならば、見れるサイトも増えます。

  • 古い名作は、やる夫.jp様を活用するとスムーズに探すことができるでしょう。
    • 2014年まで「今季のおすすめやる夫スレとそのまとめサイト」をきっちり纏めてくれていた超大手まとめサイトリンクハブサイトです。

blog.livedoor.jp

特に癖が少ない名作を纏めた「初心者におすすめのやる夫スレ'11年版」ページは、未だ人が訪れる優良コンテンツハブ
blog.livedoor.jp


android持ちならば「やる夫RSS」アプリを導入することで、3G環境での閲覧や事前ダウンロードが可能になったりもします。
長くやる夫沼に浸かるならば、一考の価値はある。
やる夫RSS+インデックス


やる夫スレは、いつでも作者に転向する読者を募集しています。(沼から誘うマドハンド的な意味で)

ボーっとする4日目

くらくらしながらも、とりあえず通院とイベントは走れる朝

この記事を立ち上げた本日です。
お医者さんと相談した結果、
「4日目でましになってきているなら、このまま離脱進めてみようか?」
という話になりました。

昨日のダルマ落とし的感覚の余韻が残りつつかなり頭がぼやっとしてます。
しかし、一応地面に足がついており、脳みそも一応ジャンプせず、おとなしい子になっています。
とはいえ、くらくら感は変わらず。
夜が怖い。
ご覧の通り、4日目までの記事は今書いています。
ということは、少なくとも昨日よりはマシ。と判断していいかと思う。


朝昼の状態としては「ぼやっとする頭」「ジェットコースターに乗った後ぐらいのくらくら感」。
具体的なパフォーマンスの例は、
「いつもは回復が一切いらない”wonder goes on!!”マスターに回復要因が一人必要」

  • 急遽育成中のSRを抜いて、回復SRの大西嬢をスキルレベル4にして変更。体調悪くても走らなきゃ行けないイベントがそこにある。
    • 意外(失礼)とユリユリはムービー映えすると思います。

ゆりゆりは可愛い。



くらくら感が残っており、たまに数フレームぐらい意識が飛びます。

絶対自転車に乗ってはいけないと確信した昼

空腹時には「解脱症状が悪化」してる気がする。
大体0.1~0.2秒ほどたまに脳が横にずれます。
だいたいping200msの対戦ゲームをしている感覚 = レースゲームだと即死
ということですね。
自転車に乗ってふらついたので、ああ、やっぱ乗り物はやばいと早々に辞めました。


昼飯ですが、体を起こすのが億劫だったのでゴロゴロしてたら、空腹になるにつれてグワングワン度が上がりました。
ジェットコースターが子供向けから大人向けへの再調整を辿ったようです。
これはやばいと飯を食べに行きましたが、食べた後は若干の気持ち悪さがあります。
いや、食欲は落ちなかったので、気持ち悪さという言葉遣いは如何なものか。

車酔いする人が、多少乱暴な車に乗っちゃった感溢れる脳みそ挙動が続いてるけど吐き気はない的な感じです。
酔わない人は、その場で目をつぶって10回ぐらいグルグルとその場で回ってください。バレリーナのように。
それです。
ジェットコースター苦手な人が一番わかってもらえそう。
4回転縦とかするジェットコースターに乗り終わって、ふらつきながらゲートから出てきた感じです。
あれがずっと続きます。

眠たくはないですが、頭の中にホコリが転がっているような感じがします。
くらくら感を我慢しながらならば、(今書いているように)基本ベースの作業はこなせます。
小さい字がびっしりの小説を読みつづけるのは、ちょっと勘弁願いたいです。
文庫ぐらいの大きさか、合間合間に絵がほしい。
というか、文章を読むのがちょい面倒です。
今書いている「絶対自転車に乗ってはいけないと確信した昼」項目も、明日の朝になってから推敲することにします。

感情の起伏と涙腺の箍が外れだす夕方

17時ぐらいに入り、とりあえずぼーっとYOUTUBEとかニコ動の動画を流し見してたら
「あ、、、やばい」ッと思いました。

何があったのか。

「過去のアイマスアニメの編集PVを見てたら、別になんでもないのに涙が止まらなくなった」

  • その時見てたのは名作アイマスMAD「わっちゃどりん」です

nico.ms


ファーーーーーーーーーーーー
涙が、涙が止まらん。なんかすごい感情の起伏が抑えられん


ザビーネさん

と心のなかにザビーネさんが出演されたりもしました。
でもお前、その後「ダメじゃないか!死んだ奴が出てきちゃあ!」とか発狂することになるよね。


めちゃくちゃ焦りました。
もう涙がね。涙腺が一切止まらない。
わっちゃどりんが終わった後も、あんま関係ないのにローレンシュタイン公女の「人形なんかに私の場所を渡すものかっ!!」とか、宮園かをりの「一つだけ嘘をつきました」とか、横島の「てめぇがくたばってからだ!アシュタロス」とか、法月のおっちゃんの「そこをどけ豚共。私はこれから最愛の人に、会いに行かねばならんのだ!!」とか、高屋敷準が一緒にご飯食べたシーンとか。
そいうのうが延々とリフレインされまくって、なんか色々「昔自分がボロ泣きした作品の名場面たち」が次々と頭の中で交互に現れてね。
涙が止まらんのよ。。。。。


鬱の初期は「感情の起伏が激しくなる」こともあるそうで。
そういう事情なんかね。


本格的に呪詛を唱え始める夜

グワングワンする。
っていうかグルングルンする。
全く眠くならず、集中できないけど集中しつづけてしまうというわけのわからない状態。
気持ち悪さとしては船酔いレベルに達しており、晩御飯早めに取ってよかったな~的感が漂います。

兎に角眠れない。
まったく、全然。しかし、別の作業をするにも脳が拒否する億劫さ。

というか、コレは38度弱位を出した時の風邪の症状に似ている
寒気はないけど。別に嫌な汗もかかないけど。
なんだか世の中の全てが無性に面倒である。そんな感じ。
眠たくないけど寝る以外に作業することが出来ないうっとおしさはそれこそ筆舌に尽くしがたいものがあり、ひょうげんができません。


くらくら感はもはや”慣れ”的なレベル。っていうか通常状態ってどんな感じだったっけ?
思い出せんなー。。。

目を閉じても目を開いてても辛いので、なんか集中できるものがほしい。
けど集中できるものが合ったら、眠気が続いたまま眠気がないというにっちもさっちもいかない状態になるのではないだろうかと。
果たしてどっちのほうがいいのかは知らないです。
とりあえず、布団をかぶって呪詛を吐き続けることしか今のわたしにできることはないのでしょう。


=>よりにもよって、そんなときに、脳みそが暴動を起こすポップアップが来ました。
別記事にてかきます。
これによって「作業して徹夜することで無理やり眠れる環境を作る」という手段が生まれた事自体はありがたかった。
www.citrussin.com



眠っているのか起きているのかわからない5日目

  • とりあえず集中力自体は戻った?

wondergoseonフルコン


けもフレ事件についての納得を得たので眠りについたのですが、なんか眠っている気がしない5日目。
頻繁に目が覚め、「難度眠っても同じ夢のストーリーが続き続ける」という状態です。
そのため全く眠っている感がない。


ちなみに夢の内容は

よくわからない存在から4人個別の物語が記された4冊の本を渡された”私”(citrssin)が、部屋でその本を読むんだけど、
半分も行かない内に、その全てがバッドエンドを迎えていて、4冊を順に渡り歩くことで、本の中身が少しづつ変わって、ページが追加されていく。
4冊を交互に読んでいき、ストーリーを開いていく中で、”私”のいる部屋自体にも変化が現れてーーーー

というものでした。
バスチャン・バルタザール・ブックスかな?
何度も飛び起きながらまた寝るを繰り返しまして、大体13時ぐらい?の最後の睡眠にて物語が終了。
最後まで読み切って4冊4人ともバッドエンドがハッピーエンドに変わり、無事夢の中での私の部屋が元通りになった時はホッとしました。
まさかあんな結末を迎えるとは思わなかったですが。


閑話休題
今の現状でもほぼ半分夢の中にいるような状態です。
とりあえず4冊の夢は終わったようで、何故か陸にあがってきた鮫と肉弾格闘する夢がさっき(15時過ぎぐらい?)まで放映中でした。
ライバル?っぽい中国拳法娘の顔がどことなくフェイフェイダヨーだったので、まぁ幸せな夢だったのかな?

集中しようとすると脳みその”集中力”さんが玉突き事故を起こしだす感があります。
なんだか、ちょっと「mother "m"をとったら?」のコツーンコツーンCMが思い出される。

現状(16時)、とりあえず寝起きタイピングしてますが、全く眠った気がしない。
「徹夜明けor高熱時」のくらくら感も持続中。

3日目の福笑いもひどかったけど、まだ個を保ってられたあたりマシだったのかもしれん。


夜にはましになってるといいなー。。。
でも15時まで寝ちゃったから、多分寝られない可能性もあるよなー。。。。


あとまだ、涙が止まらない瞬間が現れます。
なんか、音楽とか映像とか写真とか文章とかにとっかかりがあると、いきなり涙が止まらんようになる。
たぶん、雛鳥の声で「あーめーあがりには 濡れたはーなが♪」って聞こえた時点で号泣すると思う。

もうね、青春時代は特定PCノベルゲーム漬けだったもので。。。。
一回その当時の記憶を開いちゃうとまじで止まらなくて。コロコロ作品が変わって。。。
たちばなはるか作「ほんとうのたからもの」の出だしとか、「鳴海さんを好きなっただけじゃないですか!!」とかが何度も頭によぎってもうだめやわ。。。。。
最近の読んだやつだと、「ほら、いつもたしなめようとしてくれた人がいるだろ」ってコマにムラサメ丸を見せるとことかがリフレインする。

嘗てない集中力の復活を感じた5日目の夜

止めどもなく流れる涙がどうしようもなかったので、もう身を任せるままにしていたら、ようやく体が泣き疲れてきました。
涙が止まってきたので時計を見たら、もうすぐ17時半回りそう。
ということは、20~30分ちかく泣いてたことになるのかな。
なんか体がだるい。
音楽聞くのもスイッチはいるならどうせえっちゅうねん。


正直4日目殆ど寝れなかったため離脱症状のくらくら感にもまして「徹夜明けの辛さとだるさ」が相乗効果で襲ってきてます。
もうさっさと寝てしまいたいのですが、ついさっき(15時)まで薄い仮眠状態には合ったため、
時々フッと意識が飛ぶにも関わらず、脳は「まだまだ行けまっせ、旦那ァ!!」と言ってます。
・・・・・いや、早く寝てくれ。


もうこの状態だと、横になると逆に気持ち悪く、グワングワンも強調?されるので、椅子に座って何かをしている方がマシ?かなー。
とは言え、MAD巡りで寝るまで時間つぶしをしようにも、「泣き所スイッチ」を押してしまいそうでふみきれず。


そう言えば、離脱1日目にユニーク斧の「wing of entropy」拾ったんスよ。POEで。で、こないだKAOM靴も拾いまして。

  • ディアブロ3ROS(今はRONだけど)にならぶPCハクスラRPGゲーの決定版 Path of Exile

Path of Exile01
Path of Exile02

  • wing of entropy (エントロピーの翼)

https://pathofexile.gamepedia.com/media/pathofexile.gamepedia.com/e/e2/Wings_of_Entropy_inventory_icon.png

炎と無秩序こそ、変革において最も頼りになる友人だ
Fire and Anarchy are the most reliable agents of change.

一々このハクスラはユニークアイテムの説明文がカッコイイ。
拾った時の「ウォおおおお」感が好きで、「どこまでリーグ内で自力でユニークアイテムを拾えるか」という蒐集家プレイが大好きです。
ディアブロ3RONも、POEもそれぞれ独自の良さが合って「今日はどっちでファームするか」とかも楽しい。


なんで、現キャラ[bisco-FlostBolt-エレメンタラー]の次のキャラを思考してみようと思い(Harbinger leagueでは、なんと二人目で希少なbiscoがポロッと落ちました。めっちゃ焦った^^;)、Path of Building(有志が作ったPOEのキャラビルド計画用ソフト)を立ち上げたんスよ。
ああでもない、こおでもないと考えて色々試行錯誤してたら、急に頭痛と目眩が激しくなってきまして

  • Gladeator_WoE_Cleave ~ブリンガーオブレインとkaom靴を添えて~
    • jem用のINTが全く足りないのに、ライフとアーマーも足りてない。。。足りてなくない?
      • さすがにライフ4kに行くのにLV90必要はないわ。
    • 一応、リング、アミュ、グローブ枠が開いてるので、MODでどうにかなる?個人的にはリングはレジストcapに使いたい。

G_WOE_Cleave
ふと時計を見ると、11時48分(すっげー驚いたので、めっちゃ記憶に残ってる)
意識した途端に襲い来る、疲れ、脱力感、そして空腹。。。。
鬱になってからは全く集中力が続かず、大抵どんなときでも「3時間たったらもう無理」だった私の脳みそが!!!

これは、もしかして、もしかしたら!!
大学時代集中しすぎて朝昼抜いてしまったあの頃のコンディションに近づいてきているのではないだろうか!
どうしようもないかなーと諦めていた鬱のだるさも、もしかしたら治るのではないだろうか。
いや、もう既に治ってきているのではないだろうか!!!!

と希望に感じながら、冷凍スパ王をチンしました。
日清スパ王プレミアム 牛挽肉のボロネーゼがうめぇ。


いや、なんかすごい嬉しいです。
仕事系作業じゃなくて、たかだか遊びの延長線上だし。
それに集中っつっても高々6時間程度だけど。
それでも、もしかしたら、万が一にでも、この3年間どうしようもなかったものが、徐々に回復しているのではないだろうかという取っ掛かりが見えた事自体が。

じゃあ、そろそろ0時回るし。
飯食ったし。
お布団入って寝るか。


ゆっくり寝るぞー

in AM 0時過ぎ

オ゛オ゛ア゛ア゛ア゛
オ゛オ゛ア゛ア゛ア゛ァーーーーーー


=>結局5日目の夜も眠れませんでした。。。
www.citrussin.com


つうか、マジでパキシル抜くタイミングが悪すぎた。
本当に。いつもなら問題なく寝れるのに。
脳みそがマジで自分のじゃない感がすごい。

どうすんねん。
どこにとっかかりがあんねん。。。

5日たった総括

お医者さん曰くの「最短での抜け期間」の離脱後5日間を過ぎまして。

いったん備忘録を読み返すと、まじでただの雑文日記だなコレ
鬱になった日シリーズだったんで「その他の趣味」タグにしましたが、もしかしたらこれは「雑記」タグに移行するほうがいいんじゃないだろうか。
あれは、誰に読まれる想定もしない日記のタグだし。


とはいえ、自身で読み直してみるとよくわかるんですが、5日経った今、最悪の3,4日目に比べたら飛躍的な回復を感じています。
くらくら感は未だ残ってますが、せいぜい「軽いだるさと、ちょっとの酩酊感」にとどまってますし、6日目昼の今、自転車に普通に乗れました。
フラフラしますが、半分以上は私自身の間の悪さによる2日間の意図しない睡眠不足ってのが大きいと思います。
個人的に、大きく変調したなーと思ったのは「号泣が止まらなくなった辺りから」ですね。
最初は「なにこれこわい」と思いましたが、涙が止まった後なんか結構スッキリして、酩酊感もどことなく低減された感を感じました。


この分だと確かに
「大抵の人は7日過ぎたあたりでほとんど抜ける」
というお医者さんの予想通りの結果になりそう。
この記事で言うと、8日めに「治ったー」とかいえそう。

ということで総括としては
「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」



流石にこの日記も長くなってきたので、6日目からの備忘録は後編へ移行します。



=>立ち上げた。
www.citrussin.com


スポンサーリンク