読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

オーバーウォッチ2017旧正月イベント:year of the roosterと新パッチについて

year of the rooster

はい。
ということで、オーバーウォッチの旧正月イベントが開始されました。

公式ムービー
www.youtube.com


year of the roosterーーー要するに酉年ですね。

いつも通り新イベントと大量のグッズ、そしてマップに変化が現れています。
開催期間は1月24日から2月13日まで。
スキンやPotGなど取り逃しのないように。
あと、こないだからずっとRTPで調整されていたキャラ修正が適用されました。


では見ていきましょう。

旧正月ストーリータペストリー"Winston's Journey to the West"

一応今回の旧正月には若干のストーリーがあります。
公式のタペストリーを見てみましょう
playoverwatch.com

英語が読めない?
ストーリー書いときましょう。
先にある程度ウィンストンストーリーを知っておいて置いたほうがいいです

Winston's Journey to the West - ウィンストンの西遊記-

Horizonルナコロニーで、ハロルド博士に引き取られた赤ちゃんゴリラ。
その後、数奇な運命を辿り、オーバーウォッチで科学ゴリラウィンストンと名乗ることになる彼は、幼いころから、彼の周りの宇宙に対して無限とも言える溢れんばかりの好奇心を見せていました。
しかし、”科学の驚異”に魅了されたにもかかわらず、彼はまた、物語、特に世代から世代に伝えられた古くからのおとぎ話も愛していました。


若いゴリラたちの教育と訓練に深く関わった月の研究者、ハロルド・ウィンストン博士は、ある年の旧正月に赤ちゃんゴリラ(ウィンストン)へ非常に長いおとぎ話を読み聞かせることに挑戦しました。
何世紀にも数十年にも及んだ叙事詩。Journey to the West(西遊記)は、地球の神話的な世界と輝かしい天国の世界の間を飛び交う壮大な物語です。
そこには、巨大な戦いが描かれ、衝突する悪魔、神々、そしてヒーローたちが登場します。


赤ちゃんゴリラ(ウィンストン)は、勇敢な僧侶Tang Sanzang(三蔵法師)とその弟子たちの長い贖いの旅に魅了され、頭のなかは彼らの旅のことで一杯になってしまいました。
天界を追放された元帥:Zhu Bajie(猪八戒)、天界の古の将軍:ShāWùjìng(沙悟浄)。そして、いたずらな猿王:Sun Wukong(孫悟空)になって想像の海を飛び回ります。


毎年旧正月になると、ウィンストンは彼のルナコロニー時代を思い出します。
父親ハロルド博士に最遊記を読み聞かせてもらったあの頃のことを。
ルナコロニーで実験動物として育ったゴリラたちは、毎日実験と試練の連続でした。
けれども、そこには大切な宝物もあったのです。
ハロルド博士ともにこの長い長い物語を探求することは、ウィンストンにとっては忘れられない最も大事な記憶の1つになっています。

(適当日本語訳でした)

  • Blizzardが発表したウィンストンの西遊記タペストリー

https://bnetcmsus-a.akamaihd.net/cms/page_media/pc/PCQNGV3MBVQ41484886154200.jpg




ストーリーに合わせて、スキンも新調。
三蔵法師ゼニヤッタ、猪八戒ロードホッグ、沙悟浄ラインハルト、孫悟空ウィンストンがお目見えしています。

西遊記スキン


UIやシステムの変更

観戦モードでヘルスバーが追加。

PVPを観戦している人達待望のヘルスバー追加が行われました。
ヘルスバーの追加
プロの試合を観戦したり、Twitch等で上位プレイヤーを観戦している人は嬉しいんじゃないでしょうか。
判断の基準が分かりやすくなります。

キルログのHUD変更

キルログの見た目も変わりました(右上、枠で囲ったとこ)
キルログ
特に大きいのは何で倒されたかがわかる点でしょうか。
ラインハルトがファイアストライクでゲンジを倒しているのが見てわかります。
敵が、味方がどんな攻撃をしたのか、それでどんな敵が殺されたのかがわかります。
戦略、戦術上も必要ですし、戦闘レベルで考えても敵のアビリティクールタイムを測れるので有用。

この点から考えても、キルログ表示が必須レベルになりました。
まだ設定していない人は、オプション=>ゲームプレイから、キルフィールドをON(赤枠囲い)にしておきましょう。
キルログ表示

ボイスライン、エモート、スプレーを4つまで登録可能に

待望のボイスライン、エモート、スプレー複数追加が可能になりました。
ヒーローギャラリーにて、ゲーム中に使うボイス、エモート、スプレーを各々4つまで登録可能

  • ボイスライン登録

ボイスライン登録

  • エモート登録

エモート登録

  • スプレー登録

スプレー登録

せっかくアンロックしたのにお気に入りが他にある。。。というジレンマから解消されました。
ボタンやコミュニケーションホイールに表示設定をバインド可能。

  • 例えばデフォルトではコミュニケーションホイールからボイスラインとエモートのホイールを、サブボタンメインボタンで表示可能

エモートボイスライン登録呼び出し




その他

  • XBOXのRB,PS4のR1でヒーローセレクト画面から現在のチームチャットに参加することが可能に
  • ヘッドショット時に、レティクル(照準)のところに赤いX線が入るように。HSしたことが分かりやすくなりました。

キャラ性能バランス調整

アナ

  • グレネードの効果時間が5秒=>4秒に弱体化。
  • グレネードで回復ブーストが掛かる量が2倍から1.5倍に弱体化

んー。強すぎたということでしょうか。
開発者いわく「ヒーラー専門のマーシーより、アナのほうがあまりに回復量が多すぎた」とのことです。
まぁ、めちゃくちゃult溜め早かったしね。
40秒決済だったしね。
それよりも、グレネードの1秒減少が大きい。
これまではグレネード投げたら、確実に1キル貢献ができていたのが逃げ切られてしまう可能性が。
逆にマーシーは活躍の場が増えそうです。

D.VA

  • アーマーを400=>200に減少。HPを200=>400に増加。つまり、HPは600のままだけどアーマーが半分になった。
  • メインの攻撃力を1発3=>2ダメに減少、一秒間の発射数を8=>11に増加。遠距離では攻撃力が出づらくなりました。

アーマーを減らしたのは、デカ体型への散弾効果を増やすためですね。
今まではホッグであろうがリーパーであろうが耐えれてたので。
だから前回言ったじゃん。「本当にこんなに強くていいのか?」って。
前回のD.VA更新記事

更に3ダメが2ダメになったことで、遠くからの攻撃がハラスレベルに。
ポーキングもしづらくなりましたね。
マジで豆鉄砲。
大拡散が全弾当たる至近距離だとそんなに変わってないようにみえる。。。。が、アーマー越しだとやっぱ攻撃力低くなってる実感。
ボディブロックもちょっとためらうようになりました。

開発者いわく「全体的に高スペックで必須ピックに近かったため弱体化」だそうです。
まぁ、最近は強ゲンジや上手いソンブラ、ジャンクラットも増えてラインハルトが必須じゃなくなってきたしね。
「D.Vaで重要なのは機動性で、タンクとして戦闘に参加し、敵の邪魔をして、必要であればそこから離脱することができることだ」
とのことで。
機動防衛方法については過去に記事を書きましたねー。あれがラインハルトと比べた際のD.VAの優位点です。
www.citrussin.com
その場から離脱できるってすごく重要なファクター。


ルシオ

  • 設定から、逆走壁走りが可能に。

逆走ウォールライド
ルシオファンは設定しておきましょう。
バックダッシュ中に壁走り開始すると逆走しながらウォールライドができるようになりました。
引き撃ち、誘導、フェイント時に非常に有用。
ただし画面に地形が映らないため、要マップ熟知。

ロードホッグ

  • ロードホッグがぐるぐる回転しているときを除いて、フックした目標がロードホッグの目の前に引っ張られるように。確実にメインを一発決めれるように。
  • フックが当たっても、引っ張られる直前に射線から外れた場合はフックが解かれるように。ホッグを味方がプッシュしたり、速度を上げて壁に隠れれば逃げ切れます。
    • 射線が通っているかの判定はロードホッグの視界が基準

今までは壁に隠れてぴょんぴょんしてても、意味不明判定によってロードホッグに捕まっていた。
逆にちゃんとフックしても、敵との相対速度によって真後ろに敵が行ってしまい、メインを当てられなかった場面も。
今回の修正で、「フックさえ当たれば敵を200確殺」「ただし、ちゃんとロードホッグが敵を視界に捉えていること」の二点が強制されるようになった。
この「視界に捉える」という都合上、フックしたホッグへのプッシュが有効で、またルシオさんの勤務時間超過が心配される。


ソンブラ

  • ハッキング時間が1秒=>0.8秒に強化、ハッキングのクールタイムが12秒=>8秒に強化。

サブでのハッキングが産廃だった(EMPを目指してメインを使ったほうがよっぽど強い)状況からの脱出を目指す修正。
ハッキングがかなり楽になり、ヒールパックハック=>ビーコンとステルスで敵後方へ=>タンクをハックして集団合流=>ヒールパックで回復ついでにult溜め=>再度ハック開始が強くなった。
養殖ソンブラ、ハラスソンブラはもちろんGANKソンブラもいい感じ。
そもそも開発者自身が「ソンブラの使い方を多くのプレイヤーが間違えている」と言ってしまうほどソンブラは高難度なヒーロー。
研究をしていくと、イニシエーターやタンクキラーとしてかなり強力なことがわかるが、味方がそれに合わせられないことが多い。

12秒から8秒に強化されたので、できれば味方とともに動いて、味方を攻撃している敵をハックしよう。
ソンブラは自分で手を下すのではなく、敵と味方を操るのが得意。

旧正月イベント

スキン

今回のスキンは、旧正月ということで韓国と中国がメイン。
めいちゃんのチャイナ服と、D.VAのチマチョゴリ?
特にめいちゃんは2種類のチャイナが用意されていて厚遇。
おまえ、こないだのクリスマスイベントも優遇されてなかったっけ?


また、ストーリーに書いたが西遊記スキンも登場。

マップ

カスタムゲームでまだ選べないのでスクショが取れん。
中国の麗江タワーが飾り付けされてます。

キャプチャーtheロースター

ロースター(rooster)は雄鶏の意味ね。
要するにキャプチャー・ザ・フラッグ。
重複以外はヒーロー制限なし。
先に3ラウンド敵陣地に、敵の旗を持っていくと勝利。

  • フラッグを拾うのには若干のキャプチャ時間が必要
    • キャプチャ中(無防備)に攻撃されたら、キャプチャ中断。
  • フラッグ持ちが殺されるとその場に旗を落とす。
  • 敵陣までフラッグを運べば勝ち、敵に運ばれれば負け。守り役と攻め役を用意したい。

もともとキャプチャーザフラッグは、オーバーウォッチルールのプランに合ったそうです。
ただ、高機動キャラや無敵キャラが強すぎてお蔵入りに。
今後もレギュラー入りすることは考慮していないそうですが、いいアイディアが出たらその限りではないそうです。
「よりシリアスなルールとして追加する可能性もあるが、当面はファンモードのまま」とは開発者の言。


足を遅くするシンメタラタレット、攻防に優れるウィンストン、足の早いゲンジやトレーサー、速度アップのルシオあたりが人気。
タレットモルテンによる完全防御や、ザリアバリア突撃とかも見かけます。
意外と飛び回るゲンジやルシオ相手にラインハルトメインも活躍中。



以上。
急ぎ、新イベと新パッチ概要でした。

関連記事