読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

おすすめコミック感想: 年上のお姉さん(未亡人)が隣の腹ペコ高校生に餌付けする系コメディ 里見U先生 「八雲さんは餌づけがしたい」は気軽に楽しめる良作でした。

某所掲示板でダイレクトマーケティングされてた漫画を購入。
隣のうら若き(強弁)未亡人が野球部所属男子高校生を美味しい晩御飯で餌付けする。

めぞん一刻より続く、旧き良き一つ屋根の下系アトモスフィアを感じる。。。。。
(もしかしたらあいかぎとかトラハとかのほうがいいのかもしれんが)


ということで、最近流行りの食事系コメディ×年上おちゃめお姉さん物。

里見U先生 「八雲さんは餌づけがしたい」

八雲さんは餌づけがしたい。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

八雲さんは餌づけがしたい。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

読み終わったので感想記事


公式サイトはこちら
www.square-enix.co.jp






あらすじ

八雲柊子(やくもしゅうこ)、28歳。彼女には親しい友だちにも両親にも、誰にも言えない秘密がある。
アパートの隣りの部屋に住んでいる、とあるハラペコ高校生を毎晩家に招いていることだ。
夫をなくし寂しかった彼女の心は、自分の作った晩御飯を喜んで食べてくれる人がいるだけで心が満たされる。

料理が趣味の未亡人・八雲さんの毎晩の習慣は、隣に引っ越してきた野球部の高校1年生・大和翔平(やまとしょうへい)くんに晩御飯をご馳走すること。
男子高校生を家へ呼んでるなんて人には言えないけれど、誰かにご飯を食べてもらえる事は、本当に、本当に嬉しい…!
ナイショの“シアワセ”特盛りでお届けする“餌づけ”ハートフルストーリー!!


28歳を年増とかいい年してって言うの本当にやめてくれ。。。心に刺さるんだ。。。。
作品内ですごく年上の大人って扱われているキャラが自分と同年代だとちょっと凹むよね。
いつの間にか、音無響子さんが結構な年下になってしまってからに。。。。あの人22歳だからね。


おっきな瞳とおちゃめな性格。そして自分の作った料理を食べてもらえることがすっごく嬉しい系28歳乙女(強弁)の八雲さん。
野球一筋だけど最近隣の美しい年上の女の人が気になることこの上ない、純情ボーイの大和くん。
この二人が主軸となって、なんかこう、年上の女の人がちょっと見せるおちゃめさに萌えたり、素朴に八雲さんを慕う純情少年に萌えたり。
そんなマンガです。
特に八雲さんの可愛さにハートをガッチリ掴まれてしまいました。


サブキャラとして大和くんと野球をこよなく愛する彼の幼馴染もいます。
八雲さんにこがれてしまっている大和くんをなんとか振り向かせ、彼女は恋を成就させることができるのか。
サイドストーリー側もちょっと気になる。


関係性がいい

別にね「若いツバメを囲ってしまおう」とか考えてないのよ。
だから、ある意味”大きな子供が出来た”的な感じに八雲さんは接しているのです。
「今日は大和くんに何を食べてもらおうかな?」
ってルンルン気分で考える八雲さん萌え。
でもそこに恋心はありません。
だから、小さな、燻りのような、大和くん本人さえ気が付けない淡い恋は、きっと純情少年の甘酸っぱい青春の1ページに昇華されていくと思います。
ああ、こんな優しいお姉さんが欲しかったなー。
そんな風に思いながらニヤニヤ読めました。




かわいい超めんどくさいダメ人間っていいよね

なんかさー
夫が死んでから使う当てもなく今まで貯蓄してきたお金をね。
”大和くんのために大型炊飯器買っちゃおう”
って貢いじゃう彼女を見ると、
「ああ、こういうダメキャラっていいよねー」
って思ってしまうわけですよ。


なんかこう
「ただ単にお腹好かせたら可愛そうだし」
とか言い訳しながら、大事な存在になっていってしまう。
自分は歳上なのに、少年をたぶらかす悪い女になってしまっている。
世間体からすれば完全にアウト。
そういうのがわかりつつ、ズルズル依存してしまっている女性っていいよね。。。。
そのともすれば自己嫌悪してしまう自分勝手さがベネ。


パット見はしっかりしてて、”世話しているのは私でござい”と胸張ってるんですけど、実は根っこのところを見ると、もたれ掛かっているのは八雲さんの方なんですよね。
こういうちょっとだめ人間なかわいい女性キャラって、ロマン回路を満たしてくれます。(同意は求めませんが)
絶対この人めんどくさいだろうなーって思ってしまうだけでワクワクしてしまう。


なんだろう。こういう愛に溢れためんどくさい系キャラってすっごく大好きなんですよ。
まぁ、確実に丸戸史明御大に歪められましたよね。
「年上黒スト人妻女教師 ~めんどくさくて依存体質で昔の因縁ありありなダウナー系ツンデレなあの人と~(仮)」なあのシナリオライターに。
丸戸作品とこの作品と関連付けるなら、まずとり出すべきは良作アットホームコメディ「ままらぶ」でしょうね。あの年上の女対高校男児のめんどくささがすごく良かった。


クリックリ動く表情もいいですよね。
まぁ、その作画傾向の分、女性だけでなく少年も”可愛く”書かれていて、嫌いな人はいらっしゃるんでしょうけど。
コロコロ表情が揺れて、小さい感情の揺れもちょっとした行動や表現で表してくれる作品て、素晴らしいと思います。
見ていて楽しいですものね。
特にこの作品登場人物絞ってますから。
その分愛着わきますよね。キャラそれぞれに。

料理は本題じゃない

いや、一応料理物でもあるんだけど。
どちらかというと”関係性”ってのに重きをおいた作品です。
料理は添え物。ヒッチコックで言うところのマクガフィン。
その、腹ペコの男児と一人の食事が寂しい未亡人が出会って、触れ合っていく。
その設定が本題。
そしてその設定が刺さる人にはささる。

なんていうか、そこはかとないロマンスと、少年特有の淡い恋と、そこに現れる女のかわいいずるさと男の馬鹿らしいほどの愚直さが。
いいんですよ!!





総括

気軽に読める萌コミック。
昨今ありがちな「食事描写=サービスエロ表現」みたいなアレも存在しないし。

二人の関係性や、実話ダメ人間な八雲さんの可愛さに存分に萌えれました。
そして、純情ボーイな大和くんの一挙手一投足に癒やされる作品でした。


以上。
2巻しか出てないから気軽に読み終えられる一品でした。
もし手暇で気になったら手にとってみてもいいんじゃないでしょうか。

八雲さんは餌づけがしたい。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

八雲さんは餌づけがしたい。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)


関連記事

  • 限界脱出シリーズの茜さんはすごく可愛い女の子です。良ければ一作目からどうぞ