citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

オーバーウォッチ講座:オーバーウォッチの歴史、ストーリー その8 各地で起きる紛争と動乱

初めての方はストーリー記事その1へ(リンク)


今日も元気にその8やっていこうかと思います。
あと残りも3~4記事ぐらいですかねー

前回その7
www.citrussin.com
では、ヒーローのいない世界で暗躍する”謎の”3人についてフォーカスしました。
オーバーウォッチがいなくなった世界は、表立ったテロこそありませんが、オムニックと人間の対立は激化し(セカンド・オムニック・クライシス)、水面下で様々な企業や組織が市民を搾取し続けています。

=>その5で語りました。話を忘れた方は、一度オムニッククライシス回に戻ってみるのもいいかも
www.citrussin.com


ゲームのマップでもそれは各所に見られ、現在世界がどれだけ混沌としているのかが分かります。

ということで、今回はゲームマップからもわかる世界で起きる紛争と動乱の話



ジャンクラットとロードホッグの珍道中

=>二人の話はその2参照(リンク)

行く先々で破壊活動を起こし、ブリキ(オムニック)たちを壊して回る二人組が有名になるのはちょうどオーバーウォッチが解散した前後からだ。爆発物の名手ジャンクラットと冷血なる殺し屋ロードホッグは大量の指名手配を物ともせず、シドニーからKing'sRowを股にかけて珍道中を繰り広げる。
ときには企業に騙されて犯罪の片棒を担がされ、ときに(おそらくアメリカの)カジノで大暴れして車で逃げ、彼らの道中には話題が尽きない。

  • 二人の珍道中

ジャンクラットたちの旅路
=>世界地図はフリー地図サイトd-mapさん(d-maps.com : free maps, free blank maps, free outline maps, free base maps)よりお借りしました。

  • 荒廃したアウトバックにてジャンクラットが正体不明のお宝を見つけ、刺客たちから逃亡。用心棒にロードホッグを雇う。
  • ジャンカータウンで暴れまわった二人は、クイーンを怒らせてタウンから締め出される。貢物を持ってきたら入れさせてもらえるかもしれないと考え、世界中での強奪計画に打って出る。
  • シドニーで、Hyde Global社に騙され悪事の片棒を担がされるが、仕返し(コミック参照)。シドニーから海をでてユーラシア大陸を目指して縦断
  • イギリスはキングスロウで王冠を盗み一悶着。テサルカ死亡で火種が燃え上がったオムニックとイギリス住民の関係にさらに油を注ぐ

キングスロウにて、ジャンクラットとロードホッグをピックすると
ジャンクラット 「よーよー、王冠を盗んだときのこと覚えてるか?バンザイ、ジェイミーフォークソン閣下!!そして、ロードホッグ卿!!!ってか。あー、あんたの名前なんだっけ?」
ロードホッグ 「マコだ。」
なんてやり取りが聞けます

  • 大西洋を横断して一路メキシコへ。メキシコはドラドのCastilloでロスムエルトスたちと銀行強盗の計画。Banco de Doradoを爆破。A Moment in Crimeにて犯罪歴が紹介される。
  • アメリカはワシントン州に向けて驀進中。
    • クリスマスイベントのカジノ強奪事件はアメリカの話?確証はないです。
  • 世界中で強奪した後、「金と爆薬持ったら故郷にかーえーろー♪」とのことで、ジャンカータウンに舞い戻る(後述のジャンカータウントレーラー)

シドニーでの二人の活躍についてはウェブコミック
Blizzard | Overwatch Comic

二人の犯罪履歴についてはブリザードブログ参照
overwatch.blizzplanet.com
英語なので、下記A Moment in Crimeにて説明しました

A Moment in Crime

A Moment in Crimeは世界の様々な犯罪者を紹介したテレビ番組である。
各エピソードは、1人または2人の犯罪者に焦点を当て、犯した犯罪とその危険性を番組内で映像とともに伝えていく。
(ーーーーというオーバーウォッチ世界での番組を象った、Blizzardのツイッター広報情報形式)

ジャンクラット、ロードホッグの実装時にTwitterとメールでの連動企画が有り、「ジャンクラットとロードホッグについて、A Moment in Crimeの視聴者が彼ら犯罪者に関する情報をオーバーウォッチの警察機関に報告できる」というものだった。

ジャンクラットたちの犯罪内容は、大西洋を横断した後のメキシコ、ドラドでのBanco de Doradoの銀行爆破襲撃。
前回の記事
www.citrussin.com
のCastilloで計画していたもの。


  • Doradoの防衛側(ギャング側)のスタート地点は空っぽになった銀行内

Dorado強盗された銀行の内部

  • 銀行内部へは建物を爆破して侵入されている。

Dorado破壊された銀行

  • Twitterで公式が公開した銀行強盗計画書の爆破現場に二人のマーク。

銀行強盗計画書にマーク




さて、そのA Moment in Crime犯罪者情報受付係への通報先に、実際に電子メールを送信すると、下記のメッセージが送られてくる。

Thank you for contacting A Moment in Crime’s anonymous crime line!
We have analyzed your submission and forwarded the information to the relevant parties.
Your help could be vital in apprehending these criminals and bringing them to justice.
These fugitives are responsible for a string of robberies, arson, and other crimes stretching from Sydney to King’s Row.
Authorities believe that they have set their sights on crossing the Atlantic to America.

以下適当意訳の日本語訳。

A Moment in Crime 犯罪者情報受付番号への連絡ありがとうございます!
提供頂いた「犯罪者に関する情報」を分析し、警察等関係者各位へ情報を転送しました。
あなたの助けは、彼らを逮捕し、正義の裁きを下すのに不可欠なものになるやもしれません。

現在、彼ら逃亡者(ジャンクラット、ロードホッグ)は、シドニーからキングス・ロウまでを渡りながら、強盗、放火、その他多くの犯罪を犯しています。
当局は現在、彼らの目的をアメリカへの大西洋横断だと推定しています。


ちなみに、A Moment in Crimeはソンブラ(Protocolo Sombra v1.7)からハッキングを受けたことが有り、その時はメッセージがバグってました。

Thank you for contacting A Moment in Crime's anonymous crime line!
We have analyzed your submission and forwarded the information to the relevant parties. Your help could be vital in apprehending these cri
...Estableciendo conexión...
...Protocolo Sombra v1.7 iniciado...
01:07:47 02:02:02 01:08:06 02:13:43 01:18:32
01:18:21 02:10:19 01:06:21 02:05:18 01:04:02
01:07:08 02:18:25 01:13:04 02:19:20 01:23:02
01:16:40 02:16:35 01:23:04 02:17:16 01:06:42
01:13:29 02:18:06 01:05:02 02:15:41 01:08:34


ちなみに

..Estableciendo conexión...
...Protocolo Sombra v1.7 iniciado...

ってのはスペイン語(彼女の故郷Doradoはメキシコで、公用語にスペイン語が使われます)ですね。
適当に日本語訳すると

..接続を確立中...
...Protocolo Sombra v1.7 オンライン...

ってとこですかね。

プロトコルソンブラについては、その7Dorado激動を参照ください。
www.citrussin.com

帰ってきた故郷:ペイロードマップ - ジャンカータウン

お宝と夢を一杯詰め込んだ車を押して、彼らは再び故郷に帰ってきた。
ワイロをたっぷり積んだこのペイロードを見れば、きっと女王だって扉を開けてくれるだろう!!

  • 積んだ賄賂には、どこかで見たお宝が山盛り
    • コントロールマップOW補給船等で見られる人形
    • 人形がかぶっているのは、おそらくKing'sRowで調達したイギリス王冠
    • 金塊はDoradoの銀行で強奪したものが含まれているのだろう
    • ミサイルはどこのだろ?

山盛りの賄賂



それに爆薬もあるしな!!


そう、ジャンクラットは諦めていなかった。
爆弾を隠した賄賂車を中に入れ、女王のもとにたどり着いたら
!!!ドカン!!!
最高のお祭りの始まりだ!!




=>ジャンカータウンへの帰還トレーラー
youtu.be

つうことで、ジャンカータウンマップでは賄賂ペイロードを女王のもとまで運ぶ戦いになるようです。
ジャンカータウンが正式にプレイできるようになったら追記します

アメリカ:ハリウッドの名物映画監督

アメリカ、カリフォルニア州ハリウッド。
オーバーウォッチのハリウッド
その華やかさと魅力は訪れたものを大いに歓迎している。
ヤシの木や豪華な車が通りを走り、有名映画スター、ディレクター、スタジオのメンバーがそこらじゅうを行き交いしている。

さて、そんなハリウッドの一角にイマ注目の映画スタジオGoldshire Picturesがある。
そのスタジオが抱える監督はなんとオムニック
その名をハルフレッド・グリッチボット(Hal-Fred Glitchbot)という。
彼はGoldshire Picturesと協力して、「They Came From Beyond The Moon」と「Six-Gun Killer」を制作。
その2つの映画は様々な賛否両論を呼び、観客大御礼の中商業的な成功を収めた。

  • 映画館に貼られた2つの映画ポスター

Goldshire Picturesの映画ポスター

  • 映画スタジオGoldshire Pictures

映画スタジオGoldshire Pictures

  • スタジオ内部には、「They Came From Beyond The Moon」の模型が飾られている

「They Came From Beyond The Moon」の模型



Goldshire Picturesとハルフレッド・グリッチボットは成功を収めているが、当然オムニック監督である彼の映画は、反オムニックの抗議者から多くの非難と攻撃的な注目を集めている。
そして現在、この栄光と挫折に彩られたハリウッドでさえ反オムニックが主流であり、破天荒で率直に意見を言うこのオムニック監督は激化する紛争の主要なターゲットになっている。
(わざわざ「グリッチボット」って名前を名乗ってる所から、この監督の性格が察せるところ)

マップ:ハリウッドについて

ハリウッドの攻撃側はこのハルフレッド・グリッチボットが乗るリムジンを護衛し、Goldshire Pictures内にある彼のトレーラーまで連れて行くミッションが繰り広げられる。

  • 車の中で愚痴を垂れるハルフレッド・グリッチボット

ハル・フレッド・グリッチボットのリムジン
ほっとくと嫌味を言ったり、政府第四銀行前で次の映画の構想をねったり、何かと騒がしい。
ちなみに、ヒーローについては唯一マクリーについて嫌味を言いますが、あれについては下記の記事を参照ください。
www.citrussin.com


  • 終点はGoldshire Pictures内のトレーラー前

Goldshire Pictures内のトレーラー前



ギリシャ:タロンの暗躍と”太陽”の名を持つ都市

観光と余暇のシーズンを過ごすときに、世界から最も羨望を集めるエーゲ海。
その美しい海に立ち上がる小さな島”イリオス”は、活気に満ちた地中海の町である。
賑やかな港、散歩道、豪華な景色があり、訪れた人を楽しませる。
更に島の頂上には、多くの古代遺跡が散在しており、古代世界の多くの遺物が発見されている。

近年島の頂上で、古代ギリシャの彫像やモザイクが発見された。

  • 発掘現場には大量の資材

イリオスruinの発掘資材

  • 電気も通してきて発掘準備万端

イリオスruinに置かれたモーター

  • この空中電線って、発掘用の電線でいいんですかね?

発掘現場上空


そこに隠されていた”あるアーティファクト”が、古代のオーバーテクノロジーの何らかのパワーを秘めているとささやかれている。
遺物が発掘された後、この地域ではタロンの活動が随所に見られ、オーバーウォッチが誇る人口知能生命”アテナ”は彼らが発掘されたアーティファクトに興味があると考えている。

ギリシア語で、ήλιος(ilios)とは太陽を意味している。
この太陽の力を持った超自然的ヒーローが今後追加されるかについては不明。
ただ、開発者が語るに「科学で説明できないような、古代のパワーを持ったヒーローって面白そうだよね」だそうです。


近年イリオス市街地の井戸からは不気味な音が響いている。
それがタロンが地下で進める何らかの暗躍の音なのか、遺跡が発掘されたことで動き出した古代のパワーなのかは不明。

  • イリオス市街地の目標地点中心の井戸を覗いてみよう。なんか唸り声みたいな音が鳴ってるから

イリオスの井戸

マップ:イリオスについて

このマップでは発掘現場を占拠する(もしくは防衛する?)ためにオーバーウォッチ船に乗ってイリオスに乗り付けます。

  • オーバーウォッチ船内では、アテナの今回の使命がアナウンス中

アテナのアナウンス


まず港の入口である灯台を占拠。

  • 灯台前

イリオス灯台

  • 向こうには英雄の像

灯台から見る英雄像
ギリシャのこの像って。。。ロードス島の巨神像?
それともアポロンとかアレスとかティターンとか、なんか太陽に関わりのある神様なのかね。正面が見れないからわからん。
交易路が欲しいときに立てるから、個人的に残ってたら結構狙っちゃうよね(civ感)

  • 崖の上には遺跡と周辺の住宅がチラ見え

イリオス崖上

港が占拠できたら今度は島反対側の住宅地を占拠

  • 市街地の中心。井戸からは不気味な音がする

イリオスB占拠地点

  • 海側に目を向けると灯台から反対側の英雄像が見える
    • こっちからみるとロードス島の巨神像とはちがうね。形からしてアレスっぽい。

イリオスBからの英雄像


崖下にある港と住宅街を全制圧したらいよいよ本丸の遺跡へ
遺跡発掘現場を占拠したら終了

  • 発掘現場



中国:宇宙企業Lucheng Interstellarの宇宙ステーション騒動

麗江タワー(Lijiang Tower)は中国の近代的な大都市の中心に建てられた大型ビルのこと。
(ちなみに麗江は中国の雲南省にある現実の都市で、中国の広西省にある川の名前でもある。おそらく雲南省の方の麗江市が舞台)

  • 麗江タワー

麗江タワー


そのタワーの周辺の賑やかな通りにには店舗や庭園、レストラン。そして有名なナイトマーケットが並んでいる。

  • ナイトマーケット

麗江タワーナイトマーケット

そしてナイトマーケットを抜け、庭園をすぎた先麗江タワー内部には、中国の最先端産業である宇宙開発を司る宇宙探査会社、鹿城星际(Lucheng Interstellar)がある。

  • 麗江タワーの外観

Lucheng Interstellar外観

  • 受付エレベーター前には鹿城Interstellarのマーク

鹿城星間エレベーター


鹿城Interstellarは現在、宇宙開発を押し進めている長い歴史を持つ組織であり、中国屈指の巨大企業だ。
かのホライゾン・ルナ・コロニーの開発や科学者の送り出しを行ったことでも有名。

  • 麗江タワー内部(C拠点)には、ルナコロニーや宇宙ステーション等シャトル打ち上げ管理する中枢部。

麗江タワー内部

  • そこに行くまでに裏道を通ると科学者のオフィスがある

ハロルド・ウィンストンオフィス

  • 当然かの天才科学者ハロルド・ウィンストンも在籍しており、彼の机には子供ゴリラとの2ショットが置かれている。

ハロルド・ウィンストンと子供ウィンストンの2ショット

=>ハロルド・ウィンストンについてはその1の”月面”参照(リンク)




さて、この宇宙探査企業鹿城Interstellarだが、近年は2つの非常に大きな事件に見舞われている。
まず、知っての通り宇宙開発のために月に作った研究施設ホライゾン・ルナ・コロニーがゴリラの反乱により制圧されてしまった。
=>その2の”ゴリラたちの反乱”参照(リンク)
多くの科学者の生死が不明であり、宇宙探査の進捗に大打撃を与えている。


そして、最近になって宇宙開発拠点であり、宇宙探査の象徴でもある宇宙ステーション”Interstellar Journey"に突然エラーが発生、制御不能となってしまったのだ。
一体宇宙で何が起きているのか、今はまだ謎のままである。
(タロンの関与も現在不明。もしかしたらInterstellar Journeyがマップ追加されてそこら辺の話が語られるかも?)


アサルトマップ:ホライゾン・ルナ・コロニー

  • 公式

ホライズン・ルナ・コロニーの状況について新たな可能性が浮上か - SQUARE ENIX EXTREME EDGES

=>過去の話はその1とその2参照
www.citrussin.com
www.citrussin.com


あのゴリラの蜂起により人間が死に絶え、ルナコロニーからの通信は途絶えたままだった。
しかし、数年後。
沈黙を続けていたホライズン・ルナ・コロニーの新事実がわかったのだ。

Lucheng Interstellar社はコロニーのデータベース及び管理システムが現在も稼働しているという驚きの事実を発表し、「ゴリラの蜂起」と「スタッフ同士の連絡ログ」を取得し、月の現状をようやく認識することとなる。

そして、コロニーから脱出したゴリラは、かのオーバーウォッチのメンバー「ウィンストン」だけでないことも判明した。
どうやら事故の発端となった赤ちゃんゴリラ「ハロルド」も、同じくルナコロニーから脱出していたようだ

  • ウィンストンとハロルドがコロニー内から脱出したということを知らせる管理システム

ルナコロニーの管理システム

Lucheng Interstellar社は、「接続は不安定だが、新たな情報を取得すべく力を尽くしている」とのコメントを発表。
今後の対策のために大慌てな状態だ。



アサルトマップ:ホライゾンルナコロニーはこの月面基地を舞台に制圧戦が繰り広げられる。
望遠鏡が置かれた天文台?から攻撃側は出撃し、
攻撃側スポーン

  • ちなみにこの望遠鏡は使用できる。使うとほとんどのヒーローが特殊セリフを喋る。

望遠鏡使用

  • また、映っているのは打ち上げ着陸用の地点がある場所。例えばウォッチポイントジブラルタルは知っての通り。

ジブラルタルが見える



コロニー中央のアスレチックルームを制圧したあとに、
アスレチックルーム



搬出入格納庫?を制圧することになる。
f:id:citrussin:20170622014413j:plain



防衛側のリスポーン地点はおそらく観測機器搬入/搬出ハッチ。月面探索機っぽいのが搬出待ち。
防衛側リスポン



また、コロニー外部に出ることも可能で、そこは反重力+消音の特殊マップとなっている。

  • ところで、宇宙服置き場にハロルド・ウィンストンの宇宙服だけない。彼は生き延びたのだろうか

ウィンストンの宇宙服がない




コントロールマップ:Lijiang Towerについて

コントロールマップ:Lijiang Towerでは、鹿城Interstellarを攻め上がり、この宇宙へのシャトル打ち上げ中枢部を占拠する戦いが繰り広げられている。

まず、タワー周辺を制圧するためにナイトマーケットの中でも拠点としやすい大型の飯屋を占拠

  • まずはオーバーウォッチの船で乗り付け、立ち並ぶ屋台を尻目に中心部へ

レイコータワー屋台

  • 占拠される店。看板には「民以食为天」のスローガン。(中国のことわざで、飯を食うことがいちばん大事なんだよ!的な意味)

Lijiang Towerで占拠される店。


ナイトマーケットを確保したら、そこから麗江タワーの入り口である庭園を取りに行きます。

  • タワーの入口前にある庭園

麗江タワーの入り口

  • 庭園を確保したらそのままエレベーターで企業内部へ

鹿城星間エレベーター



庭園を確保し、タワーを取り囲んだらいよいよ内部へ
シャトル打ち上げ管理の中枢部を占拠。

  • 鹿城Interstellar中心部への入り口

鹿城Interstellar玄関口

  • 月面探査ロボットがお出迎え

月面探査ロボットの模型

  • 中心部であるシャトル打ち上げ管理部を占拠。

麗江タワー内部




中東:アラビア砂漠の輝く宝石

中東のアラビア砂漠に作られた世界最先端の都市オアシス。
アラビア砂漠に作られた大きな人工湖のなかに世界最大の科学都市がある。
中心にあるのは大規模かつ未だ未完成の巨大大学。

  • 作りかけの大学

作りかけのoasisの大学

市内の主要な交通機関を結ぶように「クローラー」と呼ばれる高速自動車が走り回る。

  • 大学へ向かうクローラー。当たると即死。

大学へ向かうクローラー

  • 車は空も移動する

車は空も移動する

湖に作られたその都市間はクローラー、列車、ボート等を使って移動する。

ここは「人間科学の限界を突破するため、科学者が一切の制約に縛られない街が必要である」という思想を持つ科学者集団によって設立された。
彼らは荒れ果てた砂漠という住みづらい環境を自らの知恵と人類のテクノロジーによりオアシスへと変貌させた。
そして、今やこのオアシスは世界でも最先端技術をもつ都市へと繁栄したのだ。
現在そこは、”アラビア砂漠の輝く宝石”と呼ばれている。

その輝かしい発展と知恵の宝庫から「宝石」の名前だが、「世界中の裏や秘密を知り尽くす重鎮たち」によるこの楽園はあらゆる組織が求める輝く宝石であり、同時に世界を揺るがす火薬庫でもある。

オアシスには、天才たちがなした数々の発明や創造に関する記念碑、周辺地域の研究者と学者が集まりできた研究施設、科学的進歩をいっさい拘束されない法律などが整備され、そこは科学者の楽園だ。
その知識、知恵、情報の多様さからオアシスの住民たちへ、世界各地のあらゆる組織の関心が集まっている。
特にオアシスを管理する「省庁(Ministry)」と呼ばれる賢人会は、世界各地の科学者団体の集まりで構成されており、世界のあらゆる秘密を所有していると言われるその集団は世界に絶大な影響力を持っている。

ここオアシスは省庁(Ministry)と呼ばれる組織によって管理されている。
各省庁は異なる科学分野に特化した”科学機関の集まり”であり、無制限の研究開発のためにあらゆる権限を使用し、オアシス市を統治している。
現在既知の集まりは

  • 物理学省(MINISTRY of PHYSICS)

物理学省
=>マークのモチーフは原子核と周りを回る電子

  • 生物学省 (MINISTRY of BIOLOGY)

生物学省
=>マークのモチーフは生命の樹?それともフラクタル?

  • 遺伝学省 (MINISTRY of GENETICS)

遺伝学省
=>マークのモチーフはそのまま遺伝子配列の二重螺旋

  • 地質学省 (MINISTRY of GEOLOGY)

地質学省
=>マークモチーフはよくわからない。。。。けどたぶん地殻マントル?三角形なのが気になる。

  • 安全衛生省(MINISTRY of SAFETY and SECURITY)

安全衛生省
=>マークモチーフはおそらくベンゼン環
の5つ。

ここは現在多様な組織。ようするにタロンを含むテロ組織に狙われているのは確かなので、今後のオアシスの動乱が危険視されている。
特にヴィシュカーコーポレーションは、この都市に強い影響力を持ちたいと願っており、その中のメンバー、サティヤ・ヴァスワニ(シンメトラ)はここを「自分にぴったりな都市」と表現している。

オアシスは観光地としても栄えており、Blizzard公式はトラベラーズガイドと称してオアシスのストーリーのいち部を語っている。
いつも通り、英語記事をだらだらオーバーウォッチさんが訳されているので、みんな見てみよう!
Ministryってのは、この記事では省庁と訳してます。
overwatch.hatenadiary.jp

オアシスマップについて

2017年に入り、オアシスマップが正式に追加された。
コントロールマップであるオアシスは、非常に入り組んだマップとなっており、非常に多くの裏道がある。
高機動キャラや空を飛べるファラが活用される一方、簡単に裏がとられてしまうためにラインハルトが使いづらく、かんたんにヒーラーが殺される。
どちらにせよ、高機動タンクのD.VAの運用が鍵となってくるだろう。


まずオアシスマップではCityCenter(都心部)を制圧する。
前方には大学、ちょっと横を見るとガーデンが見える。

  • 都心部から見た大学

作りかけのoasisの大学

  • 都心部から見たガーデン

都心部から見たガーデン

  • ルシオボール以来はじめてジャンプパックが一般マップに追加。中心部の上を誰でも取ることができる。

都心部にはジャンプパック

  • 都心の中心部を制圧する

都心の中心部を制圧


都心の中心を制圧したら次はガーデンへ赴く
ガーデンには砂漠の中にあって尚緑豊かな庭園が広がっている。
人工湖の上をボートで乗り付ける

  • ボートで乗り付ける

ボートで乗り付ける

  • 制圧するガーデンは生物学省の管理下だ

庭園に生物学省のマーク

  • ガーデンの中心部。緑と水が湧き出る庭を制圧する

ガーデン中心


都心とガーデンを制圧したら最後は大学構内へ進行する。
リスポーン地点は、それぞれ安全衛生学省研究室と、遺伝子学省研究室内

  • 安全衛生学省研究塔(謎の黒い物体を調査中)

安全衛生学省研究室

  • 遺伝子省研究塔(調べているのは石碑に彫られた古代文献?)

遺伝子省研究室

  • 制圧する大学中心部

制圧する大学中心部

  • 中心部の下には大量の知識と世界中の秘密を抱えた情報バンク?らしきものがある

中心部下



ブラジル:ヴィシュカーに狙われた都市”リオ・デ・ジャネイロ”

近年、ブラジルの再開発権利を金と暴力にあかせてヴィシュカーコーポレーションが受注した。
彼らはその地で「理想の調和をもたらす」と言いながら市民から富を搾取し続けていた。

オムニック・クライスに続く経済的な混乱により、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ市とその周辺のスラムや貧民街も大きな打撃を受けていた。
都市の復興を目的としてリオデジャネイロ市長は、オーバーウォッチが解散時期前後に、新しいシティセンター開発を計画する。
その計画には2つの企業が手を上げた。
1つはブラジルの現地企業カラド、もう1つは国際企業のヴィシュカーコーポレーションだ。
市長はイマイチ信用のならないヴィシュカーの申し出を断り、代わりに現地企業のカラドを選んだ。
コレはヴィシュカーにとっては許されないことだった。
ヴィシュカーコーポレーションは、硬質光テクノロジーの糸使い”シンメトラ”を呼び出す。
コレは、世界をよりよく導くために必要な行為なのだ。
=>シンメトラについてはその2”インドの復興”を参照(リンク)


その夜、カラドのタワーはヴィシュカールのCEO、サンジェイ・コパルの策略とシンメトラの襲撃により燃え尽きた。
タワーからのその火と残骸は貧民街をことごとく破壊する。
泣き崩れる人々を尻目に、ヴィシュカールは市長に自分の提案を受け入れるよう脅迫した。
その後、リオデジャネイロはヴィシュカールの手によって復興の道を歩む。
しかしそれは、ヴィシュカールの独善的な思想と搾取の手が市民に混乱を巻き起こすのと同意義だ。


そしてその不当な扱いに、レジスタンスが立ち上がる。
貧困地域であるフラベラに住むDJ。ルシオ・コレイア・ドス・サントスもその一人だった。

=>次回に続く


ヴィシュカーのこの非道なやり口についてはWEBコミックが出てます。
このブラジルでの事件が、シンメトラの心に「本当にヴィシュカーの言う正義は正しいのか」という疑念を生むことになります。
Blizzard | Overwatch Comic



以上。
世界中で起きている動乱と、それにまつわるマップの話でした。
当然これからマップが追加されていくと、ここの話もリライトしなきゃならないよねー。。。。
次は新世代のヒーローと旧世代を予定

スポンサーリンク