citrussinのチラシの裏

ゲームや読書感想、日々のことを適当につづる日記。TwitterID @sinensis197

オーバーウォッチ講座:オーバウォッチの歴史、ストーリーについて知っておくと、ゲームをもっと楽しめる その1 オムニックの発明とオムニッククライシスとオーバーウォッチ結成

キャラに愛を持つのはとても大切です。
オーバーウォッチはゲームだけでなく、「コミック」「PV」「アニメムービー」「各種資料やブログ」によってマルチメディア展開する世界です。
各種バックボーンやストーリー、キャラ設定を知っておくと、キャラに愛着がわきますよ。

が、各種に展開しすぎていてイマイチ歴史がわかりにくい。
自分用にもまとめておこうと思います。

注:

  • まだ出てきていない設定、追加資料が多分にあり今後変化する可能性大。(今後新キャラや新マップも追加されていくわけで)。
    • 新マップや新キャラが追加されていっているので、現在基本的には報告なしにこのストーリー記事は修正され続けています。
    • ある程度規模の追記修正があった場合、Twitter(TwitterID @sinensis197)にて更新告知はしています。
  • わかりやすさ重視のため、一部補完妄想や省略を行っています。各キャラのバックボーン重視。
  • 幾つかの出来事も端折ります。キャラを知ること重視。

私なりに理解しているストーリーだと思ってください。
正しくは自分で調べましょう。



 


詳しく知りたいなら海外wikiが資料リンクと合わせておすすめ
Overwatch Wiki
Overwatch Wiki | FANDOM powered by Wikia

キャラの話だけなら公式HPがいいかも
www.jp.square-enix.com



では歴史順に見ていきます。
オーバーウォッチの歴史は、大まかに分けて5つに区切れます。
つまり
1.オムニック技術開発=>オムニッククライシス=>オーバーウォッチ結成=>オムニッククライシス終結
2.オムニックとの和平とオーバーウォッチ黄金時代
3.オーバーウォッチ堕落=>オーバーウォッチ解体(ペトラス法成立)
4.テロ組織の暗躍とヒーローのいない世界=>オーバーウォッチ再招集
5.現在
となっています。この流れに沿って何回になるかわかりませんが、ストーリーの中でキャラを理解する上で大事な歴史事件をまとめていこうと思います。
今回は第一回オムニッククライシスからオーバーウォッチ結成まで

まずはじめに

とは言え、ざっと歴史の年代整理しないと話ができません。
以下、ゲームのあらすじ

未来の地球、
オムニックと呼ばれるロボットの反乱により、
人類は終わりの見えない戦争に突入していた。

「オムニック・クライシス」と呼ばれた
この戦いを終結させるため、各国の精鋭が集い
「オーバーウォッチ」が結成された。

戦争は終結したが、
人々がオーバーウォッチ不要論を唱えたため、
2042年にペトラス法が成立、

オーバーウォッチは違法だとされ、
組織は解体されてしまう。

メンバーは犯罪者として扱われ、
一部は傭兵になった。

しかし、紛争が再び勃発。
人々は再びオーバーウォッチを必要とした。

自分たちで犯罪者扱いして排斥したヒーローを困ったら呼び戻す人類ぇぇぇぇ

とりあえず年号整理しましょう。
各種資料から、

  • オーバーウォッチ発売トレーラーの博物館襲撃事件が起きた年を”現在”とする。
  • ペトラス法成立は2042年。(あらすじより)
  • クライシス開始から”現在”まで30年。オーバーウォッチ創設の5年前にクライシス発生。結成から5年後にクライシス終結。
  • ゼニヤッタがクライシス収束時に製造、現在20歳のため、おおよそ”現在”の25年前にオーバーウォッチ結成。
  • ”現在”はオーバーウォッチ解散から3~5年後。
  • オーバーウォッチ結成からペトラス法成立まで20年間

ということなので大体

  • 2010年ごろ? 超高度なAI、知覚機能、自己繁殖能力があるロボット”オムニック”を開発(トールビョーンがオムニックを危険視)
  • 2017年ロボットが反乱、オムニッククライシス開始
  • 2022年オーバーウォッチ結成
  • 2027年オムニック・クライシスが終焉。オムニックと人間の和平交渉
  • 2028-2040頃 オーバーウォッチ黄金期(ヌルセクター事件、対シマダ一族や対タロンとの抗争、世界規模の自然災害への調査等)
  • 2028-32年ごろ?オーバーウォッチの暗部”ブラックウォッチ”が密かに結成。隊長はレイエス(現リーパー)
  • 2040-42年世界各地でテロが起き、原因が全てオーバーウォッチによるものとの噂が異常な速度で広まる
  • 2042年ブラックウォッチの存在が内部告発により漏洩。
  • 同年、オーバーウォッチのトップ2人の死亡と、ペトラス法成立をもってオーバーウォッチ解体。以後ヒーロー行為は全面的に違法となる。
  • 2042-現在:セカンドオムニッククライシス(オムニックと人間の対立による抗争の激化や治安悪化現象の総称)とヒーローのいない世界の暗躍
  • 2047年現在 オーバーウォッチの展覧会にてトレーサー、ウィンストンVSウィドウメーカー、リーパー
  • その後(または42-47の5年間かも知れない):
    • アイヘンヴァルデ近郊の森(通称ブラックフォレスト)で”最後のバスティオン”とトールビョーンが出会い友達に。
    • ドゥームフィストの脱獄。タロンの活動が活発化。
    • ヌンバーニでドゥームフィストによる再度の襲撃(一回目はオーバーウォッチ全盛期ウィンストンがドゥームフィストを逮捕)。壊れたOR15からエフィ・オラデアがオリーサを製造
    • ジャンクラットとロードホッグがイギリス(キングスロウ)から出立し、アメリカ大陸に向かって大西洋横断し、メキシコに到着。ドラドで銀行爆破を手がける。
      • その後、奪った貢物とともにジャンカータウンへ帰還
    • 南極に取り残されていたメイが自力帰還。ウィンストンと合流後単独での気候調査に打って出る。
    • 通信が途絶えていたホライゾンルナコロニーからの電波を受信。
    • ソンブラがヴォルスカヤ社とヘリックス社を相手取り暗躍中


とりあえずあってるとも限らないので、それぐらいという適当な指標として見てください。
ではOW世界のストーリーをまとめて行きたいと思います。

=>最初にも書きましたが一括で流れを見たい場合は目次へ行ってください。

2010年より前 オムニックの発明と狂気の始まり

オムニック・クライシス勃発以前、世界の企業はこぞって人工知能ネットワーク技術を兵器転用しようとしていた。
個々のコンピュータがネットワークを介し、大量につながることにより並列化され、大規模な演算リソースが生まれる。
その”超性能”を利用し、知覚と知能を持つ高度なAIを開発しようとしていたのだ。
自己改良、自己修復、自己製造、自己増殖を行う完全な自動AIロボット。それは人類の夢でもあった。
そしてそれは実現した。

機械同士をネットワーク上でつなぎ合わせ、膨大な計算と情報を元に”知覚”と”考える力”を創造する。
生み出された知覚と知能は、”ゴッドプログラム”と呼ばれる幾つかの大規模システムによって統制、制御され完全自動AI「オムニック」が生まれた。
知覚AIを生み出すネットワークはオムニックネットワークと呼ばれ、そのネットワークに繋がるオムニックたちを生み出すための工場もオムニック化された。
つまり全てが完全自動で自己増殖、自己開発、自己成長、自己修復を行う次世代型ロボット。
ここに、完全自動の人工知能「オムニック」と、それを開発製造修理するための自動AI工場システム「オムニウム」が誕生した。


これらオムニック技術は急速に世界に普及することになる。
そして、このオムニック技術を開発し、常にオムニック市場の最先端を走る時代の旗手とも言える企業があった。
世界中にオムニウムを持ち、オムニックを大量生産して急成長した企業「オムニカ・コーポレーション」

オムニカ・コーポレーションを始めとして、あらゆる政府や企業がオムニック業界に参入。
この全自動人工知能システムは瞬く間に民間に普及し、大衆化した。
そう、あらゆる産業に革命をもたらしたオムニック技術は世界中の人々にその利益を与え、オムニックは新時代の象徴とも言える技術となったのだ。


しかし、当時その流れに反対していた一人の技師がいた。
既に若き天才発明家として知られていたトールビョーン・リンドホルムは、自らの信念と知識を元にオムニックを信じきれなかったのだ。
「テクノロジーはより良い人類の未来のために使われるべき」
彼は自らの発明が人を傷つけることを嫌った。その為自らの発明を多くの企業が兵器転用している事実に反発を強めていた。
「いつかAIを持ったロボットが人間に反旗を翻す。」
彼は知覚を持つ人工知能に対し深い疑念を抱いていた
しかし、企業も同業者たちも、そして多くの人々が彼を誇大妄想家だと笑い飛ばした。


オムニカ・コーポレーションと世界




しかし、彼の懸念は最悪の形で人類に牙をむくことになる。

ある年、オムニカコーポレーションの企業詐欺が発覚、同年に発生したオムニカ・コーポレーション製オムニックの誤作動とその訴訟騒ぎも響き、時代の寵児であった大会社はあっけなく倒産することになった。
当然世界各地に大量に建築されたオムニカコーポレーションの工場(オムニウム)も閉鎖することとなる。
ーーーーこの工場郡は使用されることはなく朽ちるはずだった。。。。

だが今から30年前(2017年頃)、なぜか世界中の放置されていた元オームニカコーポレーション所有オムニウムが一斉に起動。
大量の戦闘用オムニックを生産し始めることとなる。
そして、そこで生産されたオムニックのすべてが人類を”敵”として攻撃し始めたのだ。

人類史上最大の悪夢、midnight、夢にも思わなかったロボットたちの反乱。
オムニッククライシスはこうしてはじまった。

オムニック・クライシスの始まり

注:あくまでも閉鎖から再起動したオムニウムがその後生産しだした兵器オムニックが反乱を起こしたのであって、例えば別の企業が建設したオムニウムとそこで生産されている大衆用の家政婦ロボットやゼニヤッタ型の市民従事型ロボット等は反乱してません。
ただ、この事件を切っ掛けに"暴走していないオムニック"への対応として

  • オムニック全てを敵視する人間
  • 友好的なオムニックとは友好を求める人間
  • 暴走してはいないが”自らの意志で”人間を敵視するようになったオムニック(迫害されたオムニックや、オムニック至上主義者等)
  • 争いを収め、人間と融和を図るオムニック

の4つの派閥が生まれます。
また、この混乱にに乗じて暴力で目的を達成しようとするテロ組織が大量に設立され、世界は混沌の中へと叩き落されました。

2017-22年ごろ オムニッククライシス前半

オムニッククライシス時にオムニウム軍(一斉起動したオムニウム達が生成した軍)で最も建造されたのはバスティオン・ロボット・ユニットだろう。
通称バスティオンは、もともと平和維持活動目的で設計されたオムニック搭載兵器である。
アサルトキャノンモードへの瞬時変形など独自の能力をもつこのユニットは、オムニウム軍により大量に運用され、多くの人間を虐殺した。
現在でも恐怖の象徴とみなされている。
その他、トールビョーンがかつて生み出した巨大都市開発重機オムニック"タイタン"や、ナイジェリアで製造されていたセキュリティロボットのOR14”アイディーナ”などが人間に牙を向き戦場を埋め尽くした。
(注:トールビョーンはバスティオンやタイタンをもともと建築用巨大重機等として設計開発したが、実際は兵器開発企業や国家政府によって多量の武装を施され、戦争兵器用にカスタマイズされたモデルが運用されていた。OR14もセキュリティ用のロボットだったが、暴走オムニックによって多量の武装をつけた戦争用兵器として”改良”されることとなる。)
巨大兵器タイタン対トールビョーンについては、下記公式デジタルコミックを参照
Blizzard | Overwatch Comic




さてオムニック・クライシスの最初期にオーバーウォッチはなく、各国が足並みを揃えることはできなかった。
まずロシアが戦火に見舞われ、独自の対抗策を打ち出し、それに続いて各国がそれぞれ独自政策のもとオムニウム軍に対抗するすべを開発していった。
そして、それは”人が操る兵器”で無くてはならない。
人類の手には、人工知能の恩恵はすでになかった。

オムニカコーポレーションの工場は文字通り世界中に存在し、その全てが暴走したため戦火は急速に広がった。
戦線はあっという間に地球全土を覆い尽くし、各国は世界中に広がった戦場を渡って大量のオムニウム軍と立ち向かうことになる。

ロシア

ロシアは最初に戦火に見舞われ、急ぎ戦端を開くことを余儀なくされた。
ロシア有数の兵器開発企業Volskaya Industriesは都市防衛及びオムニウム軍撃退用に人間が操る巨大兵器を開発した。
巨大メック「Svyatogor(スヴャトゴール)」である。
マップのVolskaya Industriesの工場は未だこのSvyatogorを生産し続けており、次世代機も開発準備を進めている。
ちなみにSvyatogorとは、ロシアのおとぎ話にある英雄の一人。その名前の由来は”神聖な山"を象徴する。

  • 司令部の会議机には次世代Svyatogorのホログラム

次世代Svyatogor構想


  • Volskaya IndustriesB拠点に、製造中のSvyatogor

製造中のSvyatogor


ロシアとオムニックとの戦争はシベリア辺境で開かれた。
ロシアは優秀な兵士たちを集め、Russian Defense Forces(The RDF)を結成。
「Svyatogor」を駆って戦った彼らは唯一オーバーウォッチの助力無しで自国からオムニウム軍を駆逐することに成功した。
RDFは今でもロシアの街を守っている。
ロシアを守るRDFとSvyatogor



THE RDFとオムニウム軍が戦う戦火の最中、シベリアの辺境の村でアレクサンドラ・ザリアノヴァという少女が生まれたのもこの時だ。
少女が世界最強の女性の1人と呼ばれるまでに成長することをこの時は誰も知らない。

アメリカ

アメリカはオムニウム軍に対抗するため、通常の軍隊に変わるスーパーソルジャーを生み出す極秘軍事プログラムを推し進めた。
“強化兵計画”だ。
投薬や手術などを含む手段を選ばない(リーパー曰く「化物にされた」,76曰く「なんでもやった。本当になんでもだ」)その訓練は、兵士たちの身体能力を大幅に向上させた。
そして様々な強化を施されたスーパーソルジャーたちは後にオーバーウォッチの戦闘兵へとなっていく。


さて、強化兵計画で”強化”された兵士には最も著名な2人の人物がいる。
片田舎から一兵卒で計画に参加した青年”ジャック・モリソン”(後のソルジャー76の正体)と、アメリカ軍幹部でありながら計画に志願した青年”ガブリエル・レイエス”(後のリーパーの正体)である。
彼ら二人は目覚ましい活躍を見せ、オーバーウォッチ設立時にはリーダーとしてヒーローたちを導いた。
長く戦場をともにした二人は、元の立場を超え生死を分かち合う親友同士だった

  • ジャック・モリソン

ストライクコマンダーモリソン

  • ガブリエル・レイエス

ブラックウォッチレイエス


ドイツ

片田舎のEichenwaldeが戦場と化したドイツでは、企業「J8」の開発したクルセイダーアーマー(ラインハルトが使ってるあの鎧)を装着した”クルセイダーズ”がオムニックと争った。
バルデリッヒ・フォン・アルダー将軍が率いたクルセイダーズの一人にその後オーバーウォッチに選ばれるラインハルト・ヴィルヘルムもいた。
彼らは勇敢に戦い、Eichenwaldeを守ったが将軍はその戦いで命を落とした。
Eichenwalde城の最奥には、未だバルデリッヒ・フォン・アルダー将軍の亡骸が眠っている。

最奥に眠るバルデリッヒ・フォン・アルダー将軍
Eichenwalde城の玉座に眠る亡骸

マップEichenwaldeの攻撃側で突入する際にラインハルトが「わがマスターの遺物は渡さん」と言うのはこのため
アイヘンバルデのペイロード戦は、将軍の残した鎧を求め、破城槌で城を破壊し彼の遺産を回収しようとする攻撃側と、その暴行を阻止しようとする防御側の戦いとなる


クルセイダーズとバスティオンユニットとの戦いは公式のバスティオン短編アニメーションで垣間見える。
www.youtube.com


世界的テロ組織タロンの発足

偶然だろうか、それとも何らかの必然が合ったのか。
オムニウムの暴走とほぼ同時期に、現在まで脅威を及ぼすテロ組織タロンが設立されたと見られている。
彼らの真の目的は不明だが、その活動内容は「人間とオムニックの対立を激化させ、世界に混乱をもたらすこと」を中心に活動している。


彼らは、「紛争と戦いだけが人類を進化させる」という教義をもち、静かにそして急速にメンバーを増やしていった。
その構成員は概ね残忍かつ非情であり、何の力も持たない一般市民や非戦闘員をなぶり殺すことに明らかに喜びを示している。
彼らとオーバーウォッチとの戦いは長きに渡るセカンドオムニッククライシスの前哨戦でもあった。

そして様々な計略と策略によりオーバーウォッチが崩壊した後は、彼らの暗躍を止めるものはいなくなり、セカンドオムニッククライシスが世界中で頻発するようになる。
構成員の中には元オーバーウォッチだった人間も含まれると噂されているーーーー

間違いなく現在においても世界で最も危険な組織であろう。


ホライゾン・ルナ・コロニー(月面)

=>アサルトマップ:ホライゾンルナコロニーについての雑感はこっちの記事

中国に籍をおく大宇宙開発企業Lucheng Interstellar社の知恵の結晶。
人類の今後を占う宇宙科学の象徴。
人類の新たな宇宙進出の一歩として建造された、ホライゾン・ルナ・コロニーにはオムニックの手は及ばなかった。


ホライゾン・ルナ・コロニー

この世界中の注目を集める一大研究Projectに参画すべく集められた研究者たち。

  • ハロルド・ウィンストン(Dr. Harold Winston)博士
  • ハモンド・チャン(Dr. Hammond Zhang)博士
  • フローレス(Flores:インドネシア)
  • ネフスキー(Nevsky:ロシア?)
  • グェン(Nguyen:ベトナム系)
  • 吉田(Yoshida:日本)
  • アザレッリ(Azzarelli:チリ?)
  • パテール(Patel:インド系)
  • オンヤンゴ(Onyango : ケニヤ・ウガンダ)
  • クーリー(Khouri:アメリカ)

彼らはコロニーで生活しながら長期の宇宙滞在が人体や動植物に及ぼす影響を確かめる実験と観察を繰り返していた。


注:ハロルドとハモンドはストーリーに関わる重要人物のため正式名称が公開されていますが、残りの研究者は資料から名前を見れるのみのため名字や名前の一部しかわかっていません。

この実験のためにコロニーには植物と、遺伝子改良されたゴリラたちが共に暮らしており、かれら赤ちゃんゴリラと一緒に研究者たちは暮らしていた。
コロニーにいるゴリラにはコードネーム、つまり名前が一人ひとりにつけられていた。
サイモン
ダイソン
カルヴィン
スーザン
ヒュパティア
マリー
エリー
そして、ハモンドとウィンストン。

遺伝子改良されたゴリラたちの中で、特に研究対象としてキャラクター性を持つゴリラを、研究者が個別に親となっていた。
例えば、赤ちゃんの時からひときわ急速な脳の発達をするゴリラ。
彼はコロニーに在籍する研究者の一人、ハロルド・ウィンストン博士が親となり、他の研究者とは違った育て方(ともすれば本当の息子のように)をすることとなる。彼は赤ちゃんゴリラに科学を教え、様々な話を聞かせた。
彼は親の名前を引き継ぎ”ウィンストン”と名付けられた。

最年少で赤ちゃんの個体を研究するために育てられているハモンドはハモンド・チャン博士が親となり育てていた。

天才科学者ハロルドに育てられる赤ちゃんゴリラ”ウィンストン”。
彼は自らの数奇な運命をまだ知らない。

この頃のウィンストンについては下記公式短編アニメーション参照
www.youtube.com




2022-27年オーバーウォッチ設立とオムニッククライシスの終焉

各国それぞれ独立した防衛ではオムニックを押し返すことが出来ず、徐々に人類はオムニウム軍に押されていた。
物量差、急速な自己学習と言ったオムニックの脅威だけでなく、いつまでも手を結ばない各国や、政治のエゴ、終わらない会議。
政争やパワーバランスが、各国の動きを雁字搦めにしていたのだ。

この事態を重く見た国連は、各国の自立判断や自己防衛だけではどうにもならないと考え、一つの決断をする。
世界戦線の中でも最も優れた兵士を呼び集め、各国の干渉を受けない少人数エキスパート部隊を結成し、オムニックに対抗しようというのだ。

国連と各国にお墨付きを与えられ、数々の越権行為のフリーパスを与えられた、超人たちによる独立部隊。
国連直属独立部隊 OVERWATCHの誕生である

初代オーバーウォッチには6人のメンバーが集った。
アメリカからは最も優秀な強化兵の2人ジャック・モリソンとガブリエル・レイエスが招集されオーバーウォッチのリーダーを任された。
ドイツからはクルセイダーズの生き残りで最も優秀なラインハルト・ヴィルヘルム。
スウェーデンからは世界一の先進的軍備を発明修理するために、天才技師のトールビョーン・リンドホルム。
エジプトからは世界一の狙撃手と名高いアナ・アマリ
そして、Liao(未出のヒーロー。名前からして中国出身?)

少数で世界中の戦線をカバーするという無茶苦茶な作戦では合ったが、国という縛りから解放された彼らは瞬く間に戦果を上げていった。
そしてついに彼らはその不屈の精神と英雄的な活躍、そして大きな犠牲を出しながらも仲間を増やしオムニウム軍を撃退、つまり

  • すべてのバスティオンの破壊
  • 全暴走オムニウムの解体
  • ゴッドプログラム(オムニック同士のネットワークによって支えられる人工知覚知能を制御する大本のプログラム)の隔離

に成功する。
こうして、暴走したオムニウム郡との10年に渡る戦いが終わり、オムニック・クライシスは終結。
残された人類は友好的なオムニックとの和平交渉と、戦後復興が始まるのである。


韓国での巨大オムニック事件

オムニウム・クライシス末期、海底から突如現れた巨大オムニックが韓国を襲撃。
これに対抗すべく韓国は機械化装甲ドローンユニット、通称“MEKA”の開発プロジェクトをスタートさせる。
オムニッククライシス終結後も、その巨大オムニックは度々現れては韓国の国土を蹂躙した。
結果として戦いの中でドローンユニットでは対抗が出来ないことがわかり、開発プロジェクトはパイロット搭乗型MEKAへと舵を切りなおすこととなる。









以上。
オーバーウォッチ設立まででした。
幾つかの暗躍などはすっ飛ばしてます。
なんかあったら修正します。

次回はオーバーウォッチ黄金時代とブラックウォッチ設立までを予定。

関連記事

  • オーバーウォッチ設定目次

www.citrussin.com

  • 次回第二回

www.citrussin.com

  • ランクマ攻略記事

www.citrussin.com

  • 初心者向けキャラ別超簡略ガイド

www.citrussin.com

スポンサーリンク